トイプードルの毛並みを良くするドッグフードのオメガ脂肪酸って?

トイプードルの食事

ドッグフードの成分を確認しているとよく聞く言葉に「愛犬の毛並みを良くする」ドッグフードがあると言ったことを耳にしませんか?

「 本当にドッグフードで毛並みが良くなるの?」なんて疑問を持ってしまいそうですが、実際のところ本当に毛並みが良くなる重要な成分があるんです。

それが必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸です。

このオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸ですが、トイプードルの毛並みを良くするだけでなく他にも色々な効果が期待できます。

ではこの重要成分であるこれらについて見てみることにしましょう。

といぷ博士
といぷ博士

モフモフの毛並みが人気のトイプードルですが、日々のブラッシングに加えてこの必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸が入っているドッグフードを食べさせてあげるだけで、さらに毛並みが良くなること間違いなしですぞ。

スポンサーリンク

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸が重要な理由

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸、似たような名前ですが、実は全然役割が違ったりします。

どちらも必須脂肪酸であることには変わりがないので、体内では生成できず、食べ物から摂取するしかありません。

この脂肪酸をバランスよく摂取することで、

  • 毛や皮膚の健康改善
  • アレルギーの改善
  • 炎症性疾患の改善
  • 感染症予防
  • 腎不全予防
  • 心臓病予防
  • 癌の抑止

このような効果が期待できるわけです。中でも犬の場合で目に見えてわかりやすい変化が被毛の変化と言えるでしょう。

そのため、被毛の状態をよくすると謳っているドッグフードのほとんどはこのオメガ3&6脂肪酸が絶妙なバランスで配合されているというわけです。

この二つをバランスよくとることで愛犬の毛並みが大きく変わってきます。それぞれ見ていきましょう。

ちなみにオメガ脂肪酸の中にはオメガ9脂肪酸があり「オレイン酸」が有名ですがオメガ9脂肪酸は必須脂肪酸ではないので体内で作り出すことができます。
加えて、犬にとっては健康に役立たないばかりか、血中のオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸を減少させてしまうことにもなりかねませんので、過剰摂取は避けましょう。

オメガ3脂肪酸とは?

オメガ3脂肪酸とは体内で生成することのできない必須脂肪酸であり、多価不飽和脂肪です。

  • ALA (α-リノレン酸)
  • DHA(ドコサヘキサエン酸)
  • EPA(エイコサペンタエン酸)

この三つを総称して呼びます。

このオメガ3脂肪酸には、「血液をサラサラにする効果」「 血圧を抑制する効果」「 アレルギーを改善する効果」などの効果が期待できます。
また、 愛犬にとっては皮膚の状態を良くしたり、被毛の状態を改善するといった嬉しい効果が期待できるのです。

逆にこのオメガ3脂肪酸が不足してしまうと、被毛が薄くなったり変色したり、脱毛したり、 乾燥肌を引き起こします。

サーモン油、タラ肝油、イワシ油などの魚油に多くのオメガ3脂肪酸が含まれています。

オメガ6脂肪酸とは?

オメガ6脂肪酸もオメガ3と同様、必須脂肪酸であり多価不飽和脂肪となります。

  • LA(リノール酸)
  • GLA酸(ガンマリノレン)
  • DGLA(ジホモ-γ-リノレン酸)
  • AA(アラキドン酸)

特にリノール酸は悪玉コレステロールを抑制してくれるのですが、摂取しすぎると善玉コレステロールも抑制してしまうという負の部分も持ち合わせています。

しかしだからといってオメガ6脂肪酸を取らないでいると、「皮膚が乾燥する」「被毛に光沢が艶がなくなる」「脱毛しやすくなる」といったことが起こります。

そのため、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸をバランスよく摂取してあげる必要があります。

月見草、ルリジサ、カボチャ種子、およびヒマワリ油にオメガ6脂肪酸が含まれています。

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランス

2つの脂肪酸の配合バランスは、

オメガ6脂肪酸:オメガ3脂肪酸=5:1or10:1

と言われています。結構なバランス差が生じていますが、実際のところオメガ6脂肪酸はいろいろな食材に含まれているため、別で摂取する必要性はほとんどありませんが、オメガ3脂肪酸のほうは含まれている食材が少ないのが実情です。

これはオメガ3脂肪酸が熱に弱く、酸化しやすいといったことからドッグフードに加えるのが難しいといった理由です。そのため、オメガ3脂肪酸が少量しか含まれていないフードであったり、欠乏する状態になると、皮膚や被毛に大きな変化が生じてきます。

これを防ぐためにも、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸がバランスよく配合されているフードを与えるか、欠乏しているオメガ3脂肪酸をサプリなどで補ってあげる必要が出てくるわけです。

ちなみに、オメガ3脂肪酸を多く含む食材としてアマニ油や大豆油が挙げられます。
これらはオメガ3脂肪酸の中でもALAを多く含み、必要な栄養分に変換するためにはALAからEPAやDHAに変換する必要があります。
この際、酵素が必要になるのですが残念ながら犬にはこの酵素を持ち合わせていないため、そのままでは役に立ちません。

まとめ

必須脂肪酸は人の体にとってももちろんですが、犬にとっても欠かすことのできないものです。しかしながら体内で生成はできないので、飼い主が食事の中でしっかりと与えてあげる必要があります。

とはいっても、それらを意識しすぎると他の栄養バランスも崩れがち。ならば必要な栄養素がしっかりと摂れるドッグフードを選択するというのも一つの手かもしれません。

特に被毛の変化は、ほんとにわかりやすいと言えます。これが「ドッグフードで毛並みが良くなる」と言われる理由です。どのドッグフードにするか迷ったら、まずは食いつきも考えて「ブッチ」を試してみてはいかがでしょうか?

といぷ博士
といぷ博士

毛並みの良さだけじゃなく、必須脂肪酸をちゃんと与えることは愛犬の健康に関しても大事ですぞ!!

トップへ戻る