トイプードルは魚を食べても大丈夫?期待できる効果と与え方の注意点は?

トイプードルの食事
といぷ博士
といぷ博士

といぷ博士ですぞ!
トイプードルは元々肉食ですが、魚を食べさせても大丈夫なのかな?と、ふと疑問に感じたことはありませんかな?

魚の中にも、赤身、白身、青魚など様々な種類がありますが、魚は全体的にヘルシーで身体に良いイメージですよね。

ここでは、トイプードルに魚を食べさせても大丈夫か、魚に含まれている栄養価や与える時の注意点などをまとめていきたいと思います。

ちょこすけ
ちょこすけ

肉も好きだけど魚も大好きなんだよね!

スポンサーリンク

トイプードルは魚を食べても大丈夫?

結論から言うと、トイプードルに魚を食べさせても大丈夫です。

犬は元々肉食でしたが、生活環境の変化やペットとして人間と暮らす中で雑食になり、肉以外にも魚や野菜を食べるようになりました。

魚は低脂肪でありながら高タンパクな食材で、さらにたくさんの栄養価があることから健康的な身体作りにはとても良い食材なのです。

魚に含まれる栄養

では、具体的に魚に含まれる栄養価を見てみましょう。

タンパク質

健康な身体を作るために欠かせないのがタンパク質です。

肉に比べて魚のタンパク質は消化が早く、栄養価をしっかりと吸収することができます。
また、肉よりも魚の方がアレルギーが少ないので、アレルギー対応のドッグフードには魚の肉が使われることが多いです。

カルシウム

タンパク質に続いて多いのがカルシウムです。
カルシウムは骨や関節、歯を強くしてくれる他、ストレスを軽減してくれる栄養価です。

タウリン

タウリンは体内の血管をきれいにしてくれることから、動脈硬化や貧血を予防してくれます。
また、目の健康維持や肝臓の働きを強化してくれる働きもしてくれます。

DHA

DHAは脳の働きを活発にしてくれるので、認知症予防に効果的です。
また、健康的な皮膚や粘膜をつくるのに必要な栄養価です。

EPA

EPAはDHAと似ていますが、血管の円滑な働きをサポートしてくれるので、
血栓を防ぎ、脳梗塞や心筋梗塞を防ぐ働きがあります。

魚には、この他にも沢山の栄養価があり、どの栄養価も愛犬の健康のためには取り入れたいものばかりです。

トイプードルが魚を食べて期待できる効果

では、魚を食べることで期待できる効果はどんなものがあるかまとめてみましょう。

赤身魚の場合

赤身魚の代表はマグロやカツオ、ブリなどですね。
赤身魚は回遊魚であることから、たくさんの鉄分を含んでいます。
貧血気味の子や老トイプードルには積極的に与えたい食材ですね。

白身魚の場合

白身魚の代表は、タラ、タイ、ヒラメ、サケなどがあります。
白身魚は、疲労回復やアンチエイジング効果が期待できます。
また、赤身や青魚に比べて白身は淡泊な味でクセがないため、好き嫌いが少ないでしょう。
身も柔らかいので老犬でも食べやすい魚です。

青魚の場合

青魚の代表は、アジ、サンマ、イワシ、サバなどがありますね。
青魚には特にDHAやEPAが豊富に含まれています。
しかし、食べ過ぎると体内のビタミンEが減ってしまうので、食べ過ぎには注意が必要です。

トイプードルに魚を与える時は、赤身が白身を積極的に選んであげるといいでしょう。

トイプードルに魚を与える時の注意点

では、トイプードルに魚を与える時の注意点をご紹介します。

・骨を取る

トイプードルに魚を与える時は必ず骨を取り除き、食べやすい大きさで与えましょう。
小さな骨でも犬の口内や食道を傷つけてしまうことがあるので注意が必要です。

・加熱する

生の魚はアニサキス食中毒(アニサキス:魚に寄生する紐状の寄生虫)の心配があるので、
必ず加熱してから与えます。
アニサキスが魚に寄生しているのは珍しいことではありませんが、熱に非常に弱いので、寄生していても加熱することで死滅します。

・常温の魚は与えない

常温で置くことで、魚に含まれているヒスチジンという物質が変化しヒスタミンが作られます。
このヒスタミンは、一度作られてしまうと加熱しても消えることはありません。
ヒスタミン中毒になるとめまいや嘔吐、下痢などの中毒症状を発症してしまうので、常温で保存した魚は絶対に与えないようにしましょう。

・アレルギーに注意する

肉よりは少ないですが、魚でもアレルギーをおこすトイプードルがいます。
初めて魚を与える時は少量ずつ与え、体調や様子に変化がないかよく観察しましょう。

ちょこすけ
ちょこすけ

ちゃんと骨は抜いてね!

お魚で作られたドッグフード「エッセンシャルドッグフード」はいかが?

愛犬に「お魚をメインに上げたいんだけど、毎日準備するのは大変!」そう考える飼い主さんも多いようです。

そこで、お魚をメイン食材にしたドッグフードを紹介してみます。

ドッグフードというとお肉が中心のものばかり、思い浮かびますが最近注目され始めているのがこの魚をメインにしたドッグフードです。

中でもモグワンやカナガンで有名なレティシアンの「エッセンシャルドッグフード」はこれから注目度が上がっていくかもしれませんよ。

<エッセンシャルドッグフードの特徴>

①食物アレルギー配慮!アレルゲンカットレシピ
アレルゲンになりやすいと言われる7つの食材を使用しない代わりに、お魚をたっぷり配合(原材料の77%)!
内側から健康維持をしたいワンちゃんや、お肉・穀物を食べられないワンちゃんにとってもおすすめです。
また、「エッセンシャルドッグフード」のタンパク質値は約30%と高め。
お魚メインのフードでもしっかりと身体作りに大切なタンパク質を摂取できます。

②メリット沢山!お魚フード
お魚には身体を健康に保つ上で欠かせない、DHAやEPA、オメガ3・オメガ6脂肪酸などの栄養素がたくさん含まれています。
さらに、高タンパク・低カロリーで身体に優しく、食事管理の必要なワンちゃんやシニアのワンちゃんにもおすすめの食材です。

ちょこすけ
ちょこすけ

もしも気になったらホームページをチェックしてみてね!

「エッセンシャルドッグフード」公式サイト

まとめ

いかがだったでしょうか?

ドッグフードにも多く採用されている魚ですが、栄養価も高く、愛犬の健康には是非取り入れたい食材ですね。

みなさんも普段の食事に取り入れてみるのはいかがでしょうか。

といぷ博士
といぷ博士

一言で魚というと範囲が広すぎてしまいますが、赤身や白身を中心にあげてみてはいかが?
トイプードルのお肉情報はこちら→【トイプードルにお肉】犬にあげてもいい肉の種類とあげ方!生と加熱どっち?

トップへ戻る