愛犬の正しい抱っこの仕方とトイプードルが抱っこを嫌がる対処法を考えてみた!

トイプードルの飼い方・育て方
といぷ博士
といぷ博士

といぷ博士ですぞ!
愛犬とのスキンシップの基本ともいえる”抱っこ”。
上手にできていますかな?

みなさんの愛犬は抱っこが好きですか?

トイプードルは抱っこが好きなのかなと思っていましたが、中には抱っこを嫌がる犬もいます。
また、抱っこの仕方も間違った仕方ではちょっと危ない時もあるんです。

今日は、愛犬の抱っこについて掘り下げていきましょう!

ちょこすけ
ちょこすけ

抱っこされるの大好きだけど、ちょっと嫌な時もあるんだよね~

スポンサーリンク
愛犬のしつけに困ったら!
【我が家はこれでしつけを学びました!】
愛犬の問題行動を”あなたの手”で自ら解決できる!
日本で一番人気のしつけ教材!!

「Inuversity~いぬ大学~」

犬の抱っこ正しい方法とは?


愛犬を抱っこするとき、正しく抱っこできていますか?

正しい抱っこと言っても、小型犬から大型犬までいるのでその仕方は少しちがいます。
正しい抱っこの仕方を覚えて、犬が安心して飼い主さんの腕の中にいれるようにしてあげましょう。

小型犬の抱っこの仕方

飼い主さんの腕の中で伏せのような姿勢になっているのが安定した抱っこです。
片手を犬の前足の間に入れてお腹を支え、もう片方の手でお尻から後ろ足を支えます。

飼い主さんにしっかりと身体をくっつけ、安定感を持たせましょう。

中・大型犬の抱っこの仕方

中型犬以上になると、体重がかなりあるので、飼い主さんは抱っこのタイミングで腰を痛めないように注意しましょう。

片手を犬の横から両脇の下に入れ、もう片手でお尻を持ち上げます。
お尻が腕の上に乗って安定していれば大丈夫です。

あまりにも大きくて体重が重い犬の場合は、転倒や落下させてしまう危険があるので、無理は禁物です。

番外編

ミニチュアダックスのように、胴体が長い犬種を抱っこする時に絶対にしてはいけないのが、脇の下に手を入れて抱っこすることです。
(人間の赤ちゃんを高い高いする時のように、足が下にブランとなった状態)

犬が腰を痛めて、椎間板ヘルニアになってしまったという事例が多くあります。

絶対に上半身を先に持ち上げないようにしましょう。

抱っこを嫌がる時の対処方法は?

抱っこを嫌がり、無理やり抱っこしようとすると逃げたり噛みつこうとしたりする犬がいます。
もしかすると、何か嫌な思い出があるのかもしれません。

抱っこされて連れて行かれたのが病院だったり、抱っこされると嫌いな爪切りをされるなど、「抱っこ=嫌な記憶」になってしまっているのかもしれません。

そんな時は、少しずつ慣らしていくようにしましょう。
まずは犬を側に呼び、隣でリラックスさせましょう。

次におやつなどで誘導して、膝の上に顔や足を自分から乗せられるようになるまで練習します。
何度も繰り返し、最終的には飼い主さんの膝の上に完全に乗っかるまで続けましょう。

といぷ博士
といぷ博士

もちろん、上手に出来た時にはたくさん褒めるのを忘れずに!

犬の抱っこは必要?メリットとデメリット

では、抱っこのメリットとデメリットについて説明していきます。

愛犬の抱っこのメリット

抱っこにはメリットがたくさんあります。
まずは、犬と飼い主さんのスキンシップです。

リラックスして飼い主さんを信頼しきっている時の犬の表情はなんとも言えない愛くるしい姿ですよね。

また、災害時や人混みでも抱っこは必要になってきます。

抱っこに慣れていないと、突然の災害の時にすぐ避難ができなかったり、人混みでは足を踏まれて怪我をしてしまったりと、危険があります。

普段から抱っこに慣れているとそんな心配もなくなりますよね。

また、最近ではペット同伴OKのお店も増えてきました。
抱っこをして入ることが必要なお店もあるので、やはり普段から抱っこに慣れておくといいですね。

抱っこのデメリット

では、抱っこのデメリットはどんなものがあるのか。

実は、抱っこに慣れすぎてしまうと、お散歩でも抱っこをせがみ歩かなくなってしまう事があります。
また、家の中でも常に飼い主さんに依存してしまい、留守中には不安やストレスを抱えてしまう子もいます。

一見、良いことばかりの抱っこかと思いがちですが、思わぬ落とし穴がありましたね。

まとめ

抱っこの必要性やメリット、デメリットについてまとめてみましたが、いかがでしたか?

抱っこは、多少のデメリットはあるものの、やはり慣れておくと良いことの方が多かったですね。

すでに抱っこが大好きな犬も、これから抱っこに慣れさせていく犬もいると思いますが、抱っこで愛犬と飼い主さんの絆がさらに深まるといいですね。

抱っこは愛犬との信頼関係を作るうえでも重要ですよ⇒【必須!】トイプードルと信頼関係どう築く?7つのチェック項目で確認!!

といぷ博士
といぷ博士

愛犬が抱っこを嫌がる時には、もしかしたら抱っこの仕方自体にも問題があるのかもしれませんぞ。
今一度、抱っこをして苦しくなっていないかなどを見直してみてもいいかもしれませんな。

トップへ戻る