犬が笑うのはホントの気持ち?トイプードルが笑顔を見せる理由は?

トイプードルの習性
といぷ博士
といぷ博士

一緒に遊んでいる時やお散歩をしている時などふとした瞬間にニコッと愛犬が笑っていることはありませんかな?

飼い主としては「愛犬は笑っているはず」と思いたい所ですが、ホントに愛犬が笑っているのか気になるところかもしれません。

人間は顔の表情で喜怒哀楽を表すことが出来ますが、実は愛犬たちにも人間と同じように「表情筋」があるので顔の表情で自分の感情を表すことが出来るんですよ。

では、愛犬が笑うのはどんな時なのか、愛犬のホントの気持ちや笑顔を見せる理由をまとめてみました。

ちょこすけ
ちょこすけ

やっぱり笑顔が一番だよね!

スポンサーリンク
愛犬のしつけに困ったら!
【我が家はこれでしつけを学びました!】
愛犬の問題行動を”あなたの手”で自ら解決できる!
日本で一番人気のしつけ教材!!

「Inuversity~いぬ大学~」

トイプードルが笑顔を見せるのは嬉しいからなの?

愛犬のトイプードルが笑顔を見せるのには色々な理由があると言われていますが、人間と同じように楽しい時や嬉しい時に笑顔になることが多いようです。

嬉しい時の笑顔はリラックス状態でもあり、口を開けて歯が見えている表情はリラックスして笑顔になっている証とも言えます。

また、目を細めていたり、耳が後ろに倒しながら笑顔になるのは飼い主さんが大好きで「一緒にいれて幸せ!」という意味合いも込められているんですよ。

とはいえこれはあくまでも説という話もあります…( ̄▽ ̄;)

犬が笑う理由ってホントは何?

愛犬が笑っているように見えても、嬉しさや楽しさではなく実は全く別の感情である場合もあるのです。

ストレススマイルだって!

愛犬が笑っていても息遣いが荒かったりよだれが出ている時は緊張していたり、ストレスを感じている場合があります。

これは「ストレススマイル」とも言われていて私の愛犬も動物病院に行くときなんかはよくこの表情になります。

他にも不安を感じている時や緊張している時は一見笑っているように見えても、口や鼻を舐めたりあくびが出たり目をキョロキョロさせていたりすると不安や緊張を感じているサインでもあります。

また、相手に服従しているという理由から笑っているような表情になることもあります。

とくに初めて会う犬や人に対して見られることが多く「あなたに敵意はないですよ」ということを相手に伝えるサインでもあったりします。

自分や相手の気持ちを落ち着かせるためにする行動でもあるので、愛犬のストレスサインを見逃さないようにしてあげましょう。

飼い主の真似をしてるんだって!

そして愛犬が笑う理由として、いつも笑顔な飼い主さんのマネをしていることもあるようです。

犬はとっても学習能力が優れている動物なので、毎日一緒に過ごしている飼い主さんの表情をよく見て、笑うことを学習しそれをマネしているのです。

いつも飼い主さんが笑顔でいると愛犬もたくさん笑顔を見せてくれるかもしれませんね。

表情豊かな愛犬の気持ち

人間と同じようにわんちゃんも笑うだけではなく喜怒哀楽の色々な表情を見せてくれます。

嬉しい時や楽しい時とは真逆に威嚇や怒りを表す時は眉間にシワを寄せたり歯をむき出しにしたりします。
睨むような目つきになり唸り声を出す子もいます。

「これ以上近づくな!」という感情が強く、手を出したりすると咬まれてしまうこともあるので気を付けましょう。

また、威嚇の中でも怒りより恐怖感が強い時は同じ表情でも体勢が低かったり尻尾を下げていることもあります。
この時は「大丈夫だよ」などと優しく声がけしてあげて恐怖心を取り除いてあげると良いでしょう。

また、眠たい時や甘えている時は目がトローンとなったり、上目遣いをして飼い主さんに寄り添ってくる犬もいるようです。

ちなみに私の愛犬はお留守番の時には少し目じりが下がって寂しそうな表情になり、なにかイタズラをして怒られた時はまるで「ごめんなさい」と言っているように上目遣いをしつつ悲しい表情になります。

時にはうるうると涙を流すこともあります。泣かれてしまうとイタズラをされてもつい許してしまいがちなのですが、それも愛犬に学習されているのかもしれませんね。

まとめ

愛犬の笑顔はとっても可愛らしく見ているだけで嬉しく、幸せな気持ちになりますよね。

愛犬も自分自身の楽しい感情や嬉しい感情を笑顔で飼い主さんに伝えようとすることがあるようです。

言葉を喋ることが出来ない動物の感情を読み取るのはなかなか難しいと思われがちですが、愛犬の表情をよく見てみれば愛犬の気持ちを理解出来そうですよね。

といぷ博士
といぷ博士

日頃から愛犬の表情をよく観察して今以上に愛犬とのコミュニケーションを楽しめると良いですな。

トップへ戻る