オスのトイプードル去勢手術の必要性は?去勢のメリットとデメリット

トイプードルの病気・医療
スポンサーリンク

オスのトイプードルを飼い始めて悩まれることの一つに「去勢手術を行うべきか、否か」といった問題があります。

確かに多くのメリットがあると言われている去勢手術ですが、デメリットがないわけではありません。

それに、健康なワンちゃんにメスを入れるのもどうかといった精神的な面でも問題があります。

去勢手術やる・やらないという問題は犬を飼う以上、大きな問題の一つですが、去勢を行うことのメリットやデメリットなどをみていきましょう。

スポンサーリンク

トイプードルに去勢手術はなぜ必要?

なぜ去勢手術を行うのか…一言でいうのなら「望まれない犬を増やさないため」です。

発情期に交配できないでいると、その子にとっては大きなストレスとなります。発情期になるとホルモンの影響で凶暴になったり吠えてしまうこともあります。

オスはメスと違って発情サイクルが定期的にあり、発情したメスが近くにいて交尾できないというのはオスに大きなストレスとなるので、去勢することでストレスは減少するといわれています。

このストレスを持たせないためにも、必要のない生殖能力をなくすための処置が去勢手術です。

合わせて、去勢手術を行うことで、病気にかかりにくくなるといった点から行われることも多いです。むしろ、最近はこちらを目的に手術を行うといった方が多いかもしれません。

オスの場合、年齢を重ねると前立腺肥大や精巣腫瘍になることがあり、去勢手術をすることでそれらの病気の心配もなくなり、病気の予防にもつながります(後述)。

また、去勢手術をすることでホルモンを抑えることができるため、トイプードルが穏やかな性格になりやすくなってマウンティング行動も無くなる可能性もあるなど、去勢手術をすることで得られるメリットはあります。

メスのトイプードル、避妊手術はやっぱり必要?行う時期はいつ?
女の子は避妊手術っていうのをするみたい! その手術をすると、どんないいことがあるのかなぁ~? メスのトイプードルを飼うと必ず悩むことになる避妊手術。 余計な繁殖を抑えるために、手術を行うのが一般...

トイプードルの去勢手術はいつやるの?

トイプードルが去勢手術をする時期はいつが良いのか悩んでしまいますが、生後6ヵ月~1年以内が良いタイミングと考えられます。

犬のオスの生殖能力が完成するのは生後1年位で、去勢はオスの生殖能力が完成する前に行うと良いです。生後6ヵ月~1年の時期を過ぎても手術に適していないというわけではなく、最適の時期がこの時期ということです。

トイプードルなど犬の成長や体型なども考慮することが必要なので、かかりつけの獣医に相談して決めると良いです。

去勢する場合には、睾丸を取り除く手術を行い、全身麻酔をしてから睾丸を切開して取り除きます。

トイプードルの去勢手術はどうやって行うの?

去勢手術は、全身麻酔をかけて行う手術で時間は約20分~1時間程度です。殆どの場合で午前中に病院につれていくと夕方には家に帰ることができる手術となります。

麻酔は全身麻酔なので麻酔による体調の変化や、術後の観察などの必要もあるので、心配な場合には1日動物病院に預けることも検討すると良いです。

去勢手術にあたり注意したいのは飼い主の行動です。

愛犬の手術となると飼い主のほうが不安になってしまうとトイプードルは飼い主の不安を敏感に察知します。去勢手術前はゆったりと構えて愛犬を安心させることが大切です。

食事も獣医からの指示にしたがうようにしましょう。

去勢手術のメリットは?

去勢手術のメリットとしてあげられるのは、無駄な繁殖をなくすばかりではなく、病気の予防にもつながります。

病気の予防

オスの生殖器やホルモン系の病気は5歳を過ぎたころから現れ始めると言われていますが、これらの病気を予防することができます。

精巣周りの病気に関しては排除されるのでかからなくなり、前立腺系の病気に関してはかかりにくくなります。

ただし、前立腺腫瘍に関しては予防はできないと言われています。

発情期のストレスがなくなる

メス犬への行動欲求がなくなりますから、問題行動が起こらなくなるのと同時に、他のオス犬とのケンカもなくなります。

加えて交配欲求のストレスはなくなりますから、全体的なストレスが軽減されます。

マーキングをしなくなる

これはマーキングを覚える前の子であればマーキングという行為自体しないと言われています。しかし、すでにマーキングを覚えている子だと回数は減るものの完全にはなくならないとも言われています。

このあたりは個体差によるものになります。

トイプードルのマーキングの理由と片足オシッコには何の意味があるのさ!
トイプードルを散歩に連れて行くとき何度も行ってしまうのがオシッコ。 一緒に歩いているこちらとしては何度、立ち止まるのも処理するのもめんどうですから、できれば一度で済ませてほしいのですが・・・ なかなかそうはいかず・・・ 散...

去勢手術にデメリットはないの?

メリットばかりがあげられる去勢手術ですが、デメリットはないのかというとそういうわけではありません。

麻酔によるリスク

全身麻酔はやはりリスクを伴うことがあるので、体に対して影響が出る可能性もあると言われています。

10歳以上の高齢犬に全身麻酔はかなりのリスクになると言われています。

また子犬の場合であっても、体質や持病によっては麻酔のリスクが起こりうる可能性が考えられます。

太りやすくなる

男性ホルモンの分泌が行われなくなることで、基礎代謝が低下することで、ホルモンバランスの崩れにより太りやすくなります。これは去勢手術をしたほとんどの子に当てはまります。

相対的に女性ホルモン優位になりますので、根本的な解決策はありません。

飼い主さんがカロリーコントロールをしっかりと行ってあげる必要があります。

骨や関節に異常

手術が早いと骨や関節が完成していなかったりで成長に影響を及ぼすこともあります。

骨肉腫や股関節形成不全といったものが起こるリスクも高まります。ただしこれらは必ず起こるというわけでもありません。

去勢手術まとめ

デメリット以上に大きなメリットがある去勢手術。

ただ、必ずしもしなければいけないというわけでもありません。

行った方がいいのは確かなんでしょうが…。

問題行動を起こさせないためにも去勢した方がいいという考え方もあれば、健康な体を人為的に操作するのはおかしいといった考え方もあります。

どちらも間違っていないし、正解だと思います。

ホントのところ愛犬に意見を聞いてみたいところですが、意見を聞けるわけではないので、飼い主さんが慎重に検討してその答えをだすべきなのでしょう。

トイプードルの病気・医療
スポンサーリンク
といぷのおっちゃんをフォローする
【↓しつけに困ったらチェック↓】
といぷのおっちゃん

当ブログにお越しいただきましてありがとうございます。
トイプードルをこよなく愛するおっちゃんです。

トイプードルに関する疑問や、愛犬といぷ(本名はチョコです)のことについていろいろ語ってます。

といぷのおっちゃんをフォローする
といぷのきもち
トップへ戻る