トイプードルと初めてのドッグラン!覚えておきたいルールとマナー

トイプードルとイベント
スポンサーリンク

ドッグランは、ボクたちが自由に走ったり遊んだりできるから楽しいよね!!

だけど、ドッグランにはちゃんとルールがあるんだよ!!

愛犬のトイプードルと初めて行くドッグラン。

リードを外して自由に走り回れるから気分も最高!!

だけどドッグランはいろんな他のワンちゃんを利用する公共の場です。
他のワンちゃんに噛み付いたり、吠えたりといったトラブルが起きてしまっては大変。

ちゃんと安心して利用できるように初めてのドッグラン、覚えておきたいルールやマナーをまとめてみました。

スポンサーリンク

ドッグランの種類は?

ドッグランの種類も色々あって、ドッグラン自体に訪れることを目的とした施設もあれば、宿泊先やカフェ、サービスエリアなどに付随しているものもあります。

また無料で利用できるものもあれば、有料で利用するものもあります。
ドッグランはワクチン接種の確認事前登録が必要な場合があるので、ちゃんと確認しておきましょう。

ドッグランに行く前に身につけたいしつけ

ドッグランに行く前に最低限身につけなければいけないしつけとして、「飼い主の言うことを聞くこと」これは大前提。

これができない子はドッグランに連れてってはいけません。

初めてのドッグランだとどうしても他のワンちゃんの存在や鳴き声に興奮してしまいます。
「待て」「おすわり」といった最低限のしつけは覚えてからお出かけしたいもの。

ドッグランに必要な持ち物は

持ち物といっても、普段の散歩の延長上で構わないと思います。
「首輪」「リード」「エチケット袋」「水の入ったペットボトル 」などは最低限必要です。
また、「鑑札」「予防接種証明書」の提示が必要なところもありますので、忘れずに持って行きましょう。

ドッグラン利用する際のルールとマナー

ドッグランはリードを外して自由に遊ばせることができます。

そのため安心して利用できるように、飼い主さんがルールやマナーをしっかりと理解しておかないと思わぬトラブルに巻き込まれるなんてことも起きてしまうので、その施設のルールやマナーをしっかり守りましょう。

利用する前にルールを確認すること

施設によってもちろん利用するための条件やルールが異なります。

その内容をしっかりと把握し理解してから利用しましょう。

最初は様子を見てから

いきなりドッグランに入るのではなく、他のワンちゃんがいる場合はまずは柵越しに様子を見てからにしましょう。

入る際はリードをつけたまま

ドッグランに入場したからといっていきなり外さないこと。
興奮して勝手に走り回ってしまう可能性もあります。

まずはドッグラン内で興奮しないことを確認してから、 リードを外してあげましょう。

絶対に目を離さない

犬の行動は本当に不可思議。
そのため何が起こるかわかりません。特に知らない犬と一緒の時は、余計にトラブルが起こりがち。
絶対に目を離さないでください。

マウンティングは NG

興奮してマウンティングしてしまうようだとダメ。

マウンティングしそうな素振りを見せたらすぐに退場させましょう。

食べ物の持ち込みは NG

他の犬との奪い合いになることもあるので食べ物の持ち込みは避けましょう。

またおもちゃに関しても奪いあいの可能性もあるので取り扱いには注意しましょう。

ヒート中の利用は NG

メスがヒート中の時は利用を避けましょう。
自分の愛犬だけでなく、 他人の犬にも影響を与えかねません。

基本的には柵の側にも近寄らないのが最低限のルール。

うんちは始末してから

ドッグラン内でうんちをしてしまった場合、もちろん綺麗に処理して持ち帰りましょう。

ドッグランはマナーとルールを守って楽しく活用しましょう

トイプードルと初めてのドッグランに行く際に、最低限覚えておきたいマナーやルールなどをまとめてみました。

色々覚えることがあって大変かもしれませんが、 慣れてしまえば散歩の延長上です。
基本的なことをしっかり守って、楽しくドッグランを活用しましょう。

愛犬の運動不足やストレス発散にも、ドッグランを有効活用しましょう。

トイプードルとイベント
スポンサーリンク
といぷのおっちゃんをフォローする
【↓しつけに困ったらチェック↓】
といぷのおっちゃん

当ブログにお越しいただきましてありがとうございます。
トイプードルをこよなく愛するおっちゃんです。

トイプードルに関する疑問や、愛犬といぷ(本名はチョコです)のことについていろいろ語ってます。

といぷのおっちゃんをフォローする
といぷのきもち
トップへ戻る