トイプードルのいる日常|注射はお嫌い?混合ワクチンを打ったんだよ~

トイプードルのいる日常
ちょこすけ
ちょこすけ

今日は朝からおでかけするみたいッ!!

どこ行くのかなぁ~?
楽しみだぁ~!!

と、ウキウキしながら家を飛び出して車に乗り込んだ愛犬のといぷ。

おでかけが待ちきれないみたいです。

いい天気だしね!!

注射を打たれるとも知らずに・・・

スポンサーリンク

いざ、しゅっぱ~つ!!

ということで年1回の恒例となっている「混合ワクチン」の摂取に行きます。

本人はどこかに遊びに連れて行ってもらえると思って、ウキウキしているみたいですが。

車も散歩も大好きなといぷは、車のドアを開けたらすぐに「俺の居場所」とばかりに助手席に乗り込み出かけるのを心待ちにしているんですね。

 

「ごめんよ、今日は注射だ…」

 

なんだか、心が痛みますが君の健康のためなんだよ~

動物病院にとうちゃ~く!!

車で走って10分ほどの駅近にかかりつけの動物病院があります。

何度も来ているといぷはやはり病院にいい思いがないみたいで、外観を見た途端、いや病院の入り口に立った途端、方向転換。

「帰りたいよ~!!」

でも、そんなあなたの思い届くわけもなく病院の中へ…

いやだよ~!!

病院の中に入っても「いや、いや」は続きます。

院内で待っている間も、そわそわと落ち着かない様子。

終いにはプルプルと震え始めました…よっぽど病院嫌いなのね( ̄▽ ̄;)

トイプードルが震える5つの理由と対処法!寒さ以外にブルブルする?
といぷ博士 といぷ博士ですぞ! 寒くなれば人だってブルブル震えちゃいます。 もちろんトイプ...

そうこうしているうちに名前を呼ばれて、先生とお話をしている間にチックン!

わずか数分の出来事でした。

「肌が荒れて痒がっているみたいだから、近いうちにまた来てください」とのこと。

ワクチン注射と一緒には治療ができないみたいだから、後日また来院する必要がありそうです。

はぁ~。

混合ワクチンってよくわからないけど

で、毎年定期的に打っている混合ワクチンですが、正直内容をみてもよくわかりません。

「予防接種証明書」を確認すると、

・犬ジステンバー
・犬伝染性肝炎(A1)
・犬伝染性咽頭気管炎(A2)
・犬パラインフルエンザ
・犬パルボウイルス感染症
・犬レプトスピラ病
・犬コロナウイルス感染症

の7種類を一本で接種。

正直こう書いても半分も意味は分かりませんが、とにかくワクチンを打って抗体を作っておかなければいけないということなんでしょう。

で、料金は7000円ちょっと。

つまり、1種類につき1000円ということでしょうか?

それともワクチン自体は安くて診察料、技術料でしょうか?

まぁ、安くはありませんよね…

でも、それで愛犬が元気でいられるなら良しとしないといけませんが。

ただ、この混合ワクチン「1年に1回」が恒例になっているのですが、実は「3年に1回」くらいでもよいとの話もあるようです。

アメリカではすでに「3年に1回」が主流になっているようですが、日本ではまだまだ「1年に1回」がその多くのようです。

でも、中には1年で効果のなくなる抗体もあるようなので、実際のところどうなのかはよくはわかりません。

経済的な面はもちろん、注射をするストレスが少しでも減らせるならその方がよいのですが、ここはかかりつけの獣医さんに従うのがよさそうですね。

トイプードルの初期費用と維持費は?生涯費用と月額いくら必要なの?
といぷ博士 といぷ博士ですぞ! トイプードルを飼うためにはどのくらいお金がかかるのでしょうか...

注射が終わったよ~

というわけで、といぷは混合ワクチンの接種が終わった途端に「さぁ帰るぞ~」とばかりにリードをグイグイしています。

「2~3日は安静にしていてください」とのことなので、今日のお散歩はやめて家でのんびりしてましょ!!

 

はぁ、また数日後に連れて行かなきゃダメなのね…

トップへ戻る