トイプードルを飼うときの維持費はどれくらいかかる?

トイプードルの育て方
スポンサーリンク

トイプードルを飼うのには、犬だけを買ってくれば良いというわけでは当然ありません。

エサ代はもちろんのこと、トリミングやケア、医療費など思っている以上にお金がかかってしまうもの。初期費用にあたるものもかかってきます。

当然、生き物を飼うのですからその一生面倒をみなくてはいけないという覚悟は必要ですし、その覚悟がないのであれば、飼うべきではないのかもしれません。

ここでは、「トイプードルを飼い始めたいけど迷っている」そんなあなたにトイプードル一匹でどれくらいの維持費が必要となるのかまとめてみました。

 

ボクってどれくらいお金がかかってるのかしら?

スポンサーリンク

トイプードルにかかる維持費

なお、費用に関してはその地域や種類・病院によって異なりますので、おおよその目安として参考にしてください。

初期費用

項目費用(おおよその目安)
混合ワクチンの接種8000円×2
健康診断3000円
狂犬病予防注射3500円
畜兼登録費3000円
ケアグッズ30000円

ケアグッズの中にはサークルやケージなど、室内犬として犬のハウスになるものは必ず必要になります。

また、お散歩グッズであるリードやハーネスも必要になります。

これら以外にも意外と登録費や初期でのワクチンなどの医療費が必ずかかりますし、これらを受けていないと散歩にも連れていけませんし、病院にも通えないということが起きてしまいますから、初期登録にあたる部分は必ず必要になります。

 

毎年かかるであろう費用

項目費用(おおよその目安)
フード36000円
おやつ12000円
ケアグッズ6000円
トイレシーツ12000円
トリミング80000円
狂犬病予防注射3500円
混合ワクチン接種8000円
フィラリア症等予防薬6000円
健康診断4000円

ここからは生活するうえで欠かせないものになります。

ドッグフードなどははっきり言ってピンキリですが、なんでもいいから与えればいいというものでもなく、成長具合、体調などに合わせて最適なものを選んであげたいものです。

また、トリミングは1~2ヶ月に必ず一度くらいは連れて行ってあげないといけませんし、毎年必要な注射代なども意外とかかってしまいます。

トイプードルのいる日常|注射はお嫌い?混合ワクチンを打ったんだよ~
今日は朝からおでかけするみたいッ!! どこ行くのかなぁ~? 楽しみだぁ~!! と、ウキウキしながら家を飛び出して車に乗り込んだ愛犬のといぷ。 おでかけが待ちきれないみたいです。 いい...

必要に応じてかかる費用

項目費用(おおよその目安)
しつけ教室5000円(複数回必要)
去勢手術20000円~50000円
不妊手術30000円~70000円
病気・ケガの治療内容による
衣類などさまざま

上記は一例ですが、必要に応じてしつけ教室に連れて行った方がいい場合もありますし、もちろんそうでない場合もあります。

このあたりは、愛犬のしつけ具合・性格によっても変わってきます。また、しつけ教室は飼い主が犬への接し方を教わる場でもありますよ。

また、年間必須医療費以外にも病院に通う必要があるかもしれません。また合わせてペット保険の加入も必要になってきます。

 

トイプードルの維持費まとめ

いかがでしょうか?

意外とこう書き出してみると維持費ってかかっているものですね。

初期には、トイプードル自体の購入費用も掛かってきますし、初期費用も意外と掛かるものと考えておいた方がいいかもしれません。

また、年間でもざっと10万円~20万円程度はかかると思っていた方がいいでしょう。

特に飼い始めは、あれもこれもとつい色々欲しくなってしまいますし、与えたくなってしまうものです。

愛情をもって接してあげるのはもちろんですが、極端になりすぎてしまうと大変ですのでほどほどがいいかもしれませんね。

 

ご参考になったでしょうか?

 

トイプードルの育て方
スポンサーリンク
といぷのおっちゃんをフォローする
【↓しつけに困ったらチェック↓】
といぷのおっちゃん

当ブログにお越しいただきましてありがとうございます。
トイプードルをこよなく愛するおっちゃんです。

トイプードルに関する疑問や、愛犬といぷ(本名はチョコです)のことについていろいろ語ってます。

といぷのおっちゃんをフォローする
といぷのきもち
トップへ戻る