ミスカラーのトイプードルが生まれる原因は?病気になりやすいってホント?

トイプードルの特徴
スポンサーリンク

ミスカラーのトイプードルってどんな子なのかな?

トイプードルの毛色の種類の中にミスカラーといわれるものがあります。

単色のスタンダードに比べると病気になりやすい、体が弱いなんてことも言われていたり、購入時には避けるべきなんて言われることもあるようです。

ミスカラーなんて言われてしまうと、残念に思ってしまうようなところがあるようですが、実際のところどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

ミスカラーのトイプードルが生まれる理由は?

通常トイプードルは交配させて子供を産むときには、同色同志もしくは同系色同志で交配させ繁殖させるというのがスタンダードであり、それがブリーダーとしての役割であるとも言われています。

トイプードルの毛の色は親の遺伝を強く受け継ぎます。

それが、系統の違う色のプードルをかけ合わせることで、体の中に部分的に色が違うところがある子犬をミスカラーもしくはパーティーカラーなんて呼んだりします。

また、親犬がミスカラーであった場合、基本的には繁殖させることはないと言われています。

これは、犬種のスタンダード性を守るためだとも言われています。

そのため、ミスカラーのトイプードルが生まれる理由としては、ブリーダーによる交配の仕方によるものであると言えます。

とはいえ、ドッグショーに出るとかでなければ家庭犬として飼うのには問題はありません。

トイプードルの毛色には何種類あるの?人気の色はどれだ!!
ボクたちトイプードルはホントに毛の色だけでもいろいろあるのは知ってるよね!! それじゃぁ、いったい何種類あるか知ってる? 一口でトイプードルと言っても、毛色には多くの種類があります。 あなた...

ミスカラーのトイプードルは病気になりやすい?

ミスカラーがちょっと変わった色のトイプードルだからといって、それが原因で病気になりやすいなんてことは絶対にありません。

体の毛の色のせいで健康に影響を与えるなんてことはありません。

ただ、ミスカラーの子が病気になりやすいと言われる理由に、ブリーダーが繁殖管理に責任を持っているかどうかがあげられます。

通常のトイプードルは単色で繁殖させます。それをわかっていながら、ミスカラーを当たり前のごとく産ませるような管理であるなら、生まれた後の遺伝性疾患の検査もしていない可能性も考えられます。

そのため責任感のないブリーダーの中には疾患を持ったものをそのまま販売していることもあり、もともと健康への配慮が足りていないなんてことも存在するのが事実です。これがミスカラーの子が病気になりやすいと言われる理由になります

ミスカラーはずっとそのままなの?

ミスカラーだからといってずっとそのままかというと、そんなことはなく成長とともに毛の抜け代わりなどによってミスカラーではなくなるのがほとんどです。

またトイプードルは毛の退色が他の犬に比べて早く、例えミスカラーであっても早いうちから元の毛の色から薄くなっていきます。

そのため、ミスカラーでもすぐに目立たなくなる子もいますから、むしろ子犬の時だけの楽しみだともいえるかもしれません。

ミスカラーのトイプードルってどう?

仮にミスカラーの子が我が家にやってきたとして、愛情を注げるかどうかといわれると、個人的には「何ら問題なく愛せる」と言い切れます。

だって、毛の色が特殊なだけで何ら普通の子と変わりはないんですもの。

もっと言ってしまうなら、仮に病気の子が我が家にやってきたとしても、ちゃんと愛せると思いますし、愛情をもって育てるべきだと思います。

どういう形であれ、家族の一員として迎え入れたのですから、犬を飼うものとして愛情をもって接してあげるのは当然ですし、ミスカラーだから、病気だからと嫌う理由はありませんからね。

買い手側の立場からいうなら、体の一部分の毛の色が違うなんてレアでかわいいと思えますし、そのおかげで他の子よりも安い価格で購入できるのならば、それはそれでありじゃないでしょうか?

個人的には、別にショーにでるわけではありませんし、一般家庭で買うのには何ら問題はないんじゃないかって思えますよ!

トイプードルの特徴
スポンサーリンク
といぷのおっちゃんをフォローする
【↓しつけに困ったらチェック↓】
といぷのおっちゃん

当ブログにお越しいただきましてありがとうございます。
トイプードルをこよなく愛するおっちゃんです。

トイプードルに関する疑問や、愛犬といぷ(本名はチョコです)のことについていろいろ語ってます。

といぷのおっちゃんをフォローする
といぷのきもち
トップへ戻る