毛の色が薄くなるッ!トイプードルの退色なぜ起こる?

トイプードルの特徴
スポンサーリンク

ボクたちトイプードルは犬の中でも毛の色が薄くなりやすい種類みたい。
中には全然変わらない子もいるみたいだけど、ほとんどはみんな薄くなるんだって。
毛の色が変わっても、ボクが変わるわけじゃないからずっと愛してね、ご主人さん。

トイプードルは、いろいろな犬種がある中でも、特に早いうちから毛の色が薄くなりやすい種類です。

このことを退色といいます。

これを知らずにトイプードルを飼い始めた方の中には、びっくりしてしまう方もいらっしゃるようです。

この退色がどうして起きるのか、いつ頃から起き始めるのかなど詳しくまとめてみることにしました。

スポンサーリンク

退色とは?なぜ退色が起きるの?

退色とは元の毛の色から徐々に変化して薄くなっていく現象をいいます。

トイプードルの毛の色で言えば、

・ブラウン→カフェオレ
・アプリコット→クレーム
・レッド→アプリコット

といった具合です。

それぞれ同系色の中で薄くなっているのがわかると思います。

ちなみに我が家のといぷはレッドからアプリコットになっています。そのため毛の量はそれほど減っていないにもかかわらず、なんだか薄毛になった気がします。

まぁ、おそらく私以外誰も気づいていないと思いますが…それだけ自然と毛色が変わったということです。

で、その退色が起きる原因ですが、

  • 日光をあびたから
  • ストレスを感じたから
  • 栄養バランスの問題

などと言われているようですが、実際のところは分かっていません。

ただ上記のようなことが原因で退色するのであれば、世の中にいるトイプードルが、みんなストレスを感じているということになってしまいます。

なのでこれらの理由はちょっと違うんじゃないかなと個人的には思っています。

おそらくは遺伝によるものではないかと思っています。

ただ与えているドックフードを変えると色が戻ったなんていう話がありますから、ホントのところはどうなんでしょう…

また、人でいう白髪が増えて来るような退色もちろんあります。

年齢を重ねるごとに毛の色素が薄くなってきていると言う事ですね。

これらはもちろん病気などではなく、自然現象です。

トイプードルの退色はいつから始まるの?

どんな犬でも必ず退色は起きるのですが、トイプードルの場合は他の犬とちょっと違っていて、その退色が早い時期から起こります。

通常は1歳から3歳位まで退色が起こり始め、この時期を超えると退色の進行は緩やかなものとなります。

早い子だと生後2ヶ月や3ヶ月ぐらいから退色が起こり始めます。

ただ、これには違う説もあり、もともと生まれてくるべき色だったはずが、違う色で生まれてしまい早い時期に徐々に本来の色になっているということもあるようです。

この現象を「毛色の発元」といいます。

ペットショップやブリーダーの元には、こういったトイプードルの退色や毛色の発元のことを知らないオーナーさんからは、クレームが来るといったことも多いそうです。

退色を抑えるためには何ができる?

トイプードルの退色は自然現象ですから、退色させないといったことはできませんが、それでも少しでも退色の進行を遅くするためには、

  • ストレスを与えない
  • シャンプーをしすぎない
  • ドッグフードを変えてみる

などの対策が考えられます。

しかし、上述のように抜本的な原因が分かっていませんから、根本的な解決策になるとはあまり思えません。

トイプードルの退色は自然のものだと思うべき

このようにトイプードルにとって退色はつきものだと思うべきです。

愛情を持って育てている愛犬が、毛の色が変わったからといって愛情がなくなるなんてことありますか?

そんなことありませんよね!

トイプードルの退色は自然のものだと思っていれば、毛の色が変わったからといって驚くこともないだろうし、今までと変わらぬ愛情を持って接してあげられるのではないでしょうか?

むしろ自然に毛の色が変わることを、楽しんでみてはいかがでしょうか?

まぁ、自分の息子が次の日いきなりオレンジ色の髪の毛にでもなっていたらびっくりですが…

トイプードルの特徴
スポンサーリンク
といぷのおっちゃんをフォローする
【↓しつけに困ったらチェック↓】
といぷのおっちゃん

当ブログにお越しいただきましてありがとうございます。
トイプードルをこよなく愛するおっちゃんです。

トイプードルに関する疑問や、愛犬といぷ(本名はチョコです)のことについていろいろ語ってます。

といぷのおっちゃんをフォローする
といぷのきもち
トップへ戻る