トイプードルに必要な運動量って? 散歩は距離にしてどれくらい?

トイプードルの飼い方・育て方
といぷ博士
といぷ博士

といぷ博士ですぞ!
トイプードルちゃんにいっぱい運動させていますか?
ところで、「運動量といってもどれくらい?」なんて思ったことありませんか?

活発で元気よく遊ぶのが大好きなトイプードル。

体が大きな大型犬に比べると、1日に必要な運動量は少ないものの、小型犬のトイプードルも適度に運動が必要です。

また、トイプードルは元々、鴨猟犬として飼われていました。
アクティブな仕事をしてきた習性は今も少なからず残っていて小型犬の中では運動量が多い犬種と言われています。

生涯の健康のためにも、必要な運動量を把握して楽しく遊ばせてあげましょう。

ちょこすけ
ちょこすけ

運動だ~い好き!いっぱいいっぱい遊んでね!

スポンサーリンク
愛犬のしつけに困ったら!
【我が家はこれでしつけを学びました!】
愛犬の問題行動を”あなたの手”で自ら解決できる!
日本で一番人気のしつけ教材!!

「Inuversity~いぬ大学~」

トイプードルにどれくらいの運動量が必要?

では、トイプードルの1日の運動量はどのくらいがベストなのでしょうか。

そもそも小型犬は室内飼いができるので、「お散歩や運動はしなくても大丈夫なのでは?」
と思われがちですが、それは全く違います!

室内犬は、暑さや寒さに自力で対応ができず、外で飼うのが難しい犬のことです。
ですので、室内犬だからと言って運動やお散歩をしなくても良いという訳ではありません。

活発で遊ぶのが大好きなトイプードルはなおさら、室内遊びだけではストレスがたまってしまいますので、お散歩やドッグランで適度に運動させることが必要です。

運動時間は、個体差もありますが1日平均30分くらいと思っておくと良いでしょう。

子犬のトイプードルに必要な運動量

トイプードルの1日の必要運動時間の平均はおおよそ30分。

しかし、子犬か成犬かによっても必要な運動時間が違いますし、その日の気温や天候によっても違います。

子犬の場合、まだからだも小さく骨格の成長も途中の段階です。
いきなり長時間のお散歩や運動は疲れてしまい、体調を崩したりお散歩が嫌いになってしまう事もあります。

理想は朝夕の2回、それぞれ15分くらいずつお散歩に行くのが良いでしょう。

子犬の場合は、まずリードを付けて外を歩く事に慣れるのが優先なので、あまり焦らずその子のペースに合わせてあげるのがいいですね。

お散歩の楽しさを覚えたら、少し時間を長くしたりコースを変えたり色々なお散歩の楽しみ方があります。

また、近くのドックランに行ってみるのもいいでしょう。

成犬のトイプードルに必要な運動量

では、成犬の場合はどうでしょう。

平均30分程度の運動時間が理想のトイプードルですが、ゆっくりと歩くお散歩であれば成犬の場合40分〜60分くらいでも良いです。

天候や気温、芝の上を歩くのかアスファルトの上なのか、などその日の条件にもよりますが、先程述べたように、トイプードルは元々鴨猟犬です。

他の小型犬より運動量が多くても全く問題ありません。

ちなみによく聞く話かもしれませんが、ペットショップの店員さんが売るために「トイプードルに散歩はいらない」なんて言って買わせようとするところがいまだにあるようなのですが、絶対にそんなことはありません。
人の子で「この子は小さいから外で遊ぶ必要はない」なんて言われたらどうでしょう?
「はぁ…」ってなっちゃいますよね。
それと一緒です。小さいからって室内犬だからって散歩がいらないなんてこと、絶対にありません。
そんなことをいうショップではトイプードルを買わない方が絶対にいいです。
トイプードルに「散歩はいらない」って言っちゃうショップ店員って…
といぷ博士 といぷ博士ですぞ! トイプードルは小型犬だから散歩がいらないなんて言う人もいます...

トイプードルの運動量:散歩の距離にしてどれくらいが目安?

「散歩をしろ、運動量を増やせ!」と言われても、いったいどれくらいの距離歩かせてあげればいいのでしょうか?

平均で15~30分程度の散歩で考えるなら、歩くスピードや歩幅・体格や年齢にもよりますが距離にして考えるなら平均して1~2㎞ほどは歩きたいところです。

ヘトヘトになるまで運動させてあげると、家の中でぐったりでイタズラをする体力もなくなるなんてこともありますが、飼い主の方もぐったりになっちゃって「何もできない…」なんてことにもなっちゃうかもしれませんね。

なので時間のある時は長めの距離、忙しいときは短めの距離とその日の状況に合わせるのがいいかもしれません。

トイプードルの運動量を増やしてあげるには?

では、お散歩以外にトイプードルの運動量を増やすには、どんな方法があるでしょうか。

近くに芝の広場やドッグランがあれば、お散歩以外にも遊んだり走ったりする事ができますね。
そんな時は、好きなボールフリスビーを持って遊びに行くのが良いでしょう。

ボールやフリスビーを飼い主さんに投げてもらい、それを拾いに行くためには全力ダッシュで行きますよね。

運動の質としてダッシュは、ものすごく高い運動量になります。
楽しく質の高い運動が出来るのは魅力的ですよね。

また、犬のしつけや信頼関係構築にもつながるので、ボールやフリスビーなどのアイテムを使った遊びはとても効果的です。

まとめ

トイプードルは小型犬で室内犬だけど、それなりに運動は必要です。

他の小型犬よりも活発でアクティブな犬種なので、しっかりとお散歩や運動の時間を確保できるのが理想です。

トイプードルが以外にも運動量が必要でビックリ!という飼い主さんもこれから上手に運動時間を確保して、可愛いワンちゃんが健康に過ごせるようサポートしてあげられると良いですね。

トイプードルの散歩の注意点はこちらにまとめてみましたので、よろしければ合わせてどうぞ
犬の散歩のマナーは飼い主のマナー!覚えておきたい4つの項目
トイプードルの散歩のコツとお悩み解消!しぐさでわかる散歩時のきもち
といぷ博士
といぷ博士

ひきこもりのトイプードルなんてかわいそうですぞ!

トップへ戻る