トイプードルの子犬、飼い始めに迎える準備として必要なものって?

トイプードルの飼い方・育て方
といぷ博士
といぷ博士

といぷ博士ですぞ!
子犬を飼い始めるまでに準備しなければいけないものって意外と多くあったりするんですぞ!

新しい家族の一員としてトイプードルの子犬を迎える。
とってもワクワクする1日ですよね。

でもワンちゃんを迎え入れる前にちゃんと準備しておきたいもの、揃えておきたいものがあります。
事前にちゃんと準備しておけば、いざ子犬を迎えいれる時に慌てなくて済みますよ。

ちょこすけ
ちょこすけ

初めて僕たちトイプードルがお家に行く時には、飼い主さんはどんな準備をしたらいいんだろう?

スポンサーリンク

子犬を迎える前に準備、揃えるもの

ハウス用品

サークル

子犬が快適に過ごすためのいわゆるハウス。

ペットショップに行くと色々な種類がありますが、気に入ったものを選べば良いでしょう。
ハウスの中には、タオルやフリースなどを敷いて居心地よくしてあげましょう 。
ただし、子犬の頃は、噛みちぎってしまう可能性があるので誤飲に注意です。

クレート

それ自体がハウスとしてしまわれることもあるし、移動用に使うためのケース。
できれば子犬の成長によって買い換えることを前提で準備した方が良いでしょう。

キャリーバッグ

おでかけや動物病院へ行く時などにあると便利。
クレートと併用でもOK。

フロアシート

床を汚してしまわないようにサークルの下に敷くもの用意した方がいいでしょう。

トイレ用品

トイレ

中にトイレシーツをはさめる犬用のトイレをちゃんと用意してください。

トイレシートは吸収性ポリマーが使われているものと、おしっこをしっかりと吸収してくれます。
子犬の頃は頻繁に排泄するので多めに用意した方がいいでしょう。

両面吸収×圧倒的な吸水力 今までにない新しいペットシーツ


消臭スプレー

トイレ以外の場所で排泄してしまった時の片付けた後に、殺菌剤で消臭剤スプレーをすると清潔が保てます。

おすすめはこれ→カンファペット

食事用品

フード

いきなりフードを変えると下痢をしやすいので、最初はブリーダーやペットショップで与えているのと同じものを購入すべきでしょう。

ドッグフードの選び方は下記の記事を参考にしてください。

ドッグフードって何あげてる?選んだ理由を15人の飼い主に聞いてみた‼
といぷ博士 といぷ博士ですぞ! ドッグフード選びって難しいですが、他の方がどのような理由でそ...
トイプードルのドッグフード!!おすすめの選び方教えちゃいます!!
といぷ博士 といぷ博士ですぞ! ドッグフードっていっぱいありすぎて、選ぶ基準に困りません? ...

フード用食器

安定した形のステンレス製や陶器製などの物が一般的です。

給水器

サークルなどに取り付けで使える給水器は水を飲んだ時にびしょびしょになるの防ぐことができるので、水用の食器と別に用意した方が良いでしょう。

散歩用品

首輪とリード

散歩に行けるようになるのは予防注射が済んでからですが、いきなり散歩で首輪とリードを使うのではなくその少し前から室内でならしておきたいものです。

お手入れ用品

スリッカーブラシ、コーム

トイプードルは子犬の頃からしっかりブラッシングしてあげる必要があります。
そのため早めの準備が安心です

おもちゃ類

おもちゃは遊びに使うのはもちろんですが、トイレやハウスに誘導するのにも使うので必需品です。

あまりに小さいものは誤飲の可能性があるので、適度なサイズでしっかりしたものを何点か用意しましょう。

以上のようなものを前もって用意しておくと、いざ子犬が家に来る時に安心です。
また、準備するべきものとは別に飼い始めに費用も意外とかかります。
こちらも忘れずに確認しておきましょう。→トイプードルの初期費用と維持費は?生涯費用と月額いくら必要なの?

子犬の居場所づくりをしっかりと

ハウスであるサークルは大きめの長方形のもので片側にトイレ、もう片側に寝床としっかり分けて置いておきます。

寝床とトイレは絶対に一緒にしてはだめです。

犬は自分の寝床を汚したくないので、寝床とトイレを一緒にしてしまうとトイレをサークル内で出来なくなってしまいます。離して置いておけば自然と反対側のトイレで排泄するようになります。

またサークルが子犬の居場所であると言っても、子犬を入れぱなしにしておくのは良くありません。

遊ぶ時はサークルから出す、寝るときはサークルの中でといった形でメリハリをつけてあげると犬も人も暮らしやすいでしょう。

子犬のトイプードル、トイレのしつけトレーニングを成功させるためのコツ
ちょこすけ トイレ!トイレ!!トイレはどこなの~~!! トイプードルの子犬を我が家...

サークルの置き場所にも配慮を!

サークルの置き場所は意外と困るものですが、目の届きやすい場所であることはもちろんですが、 あまりガヤガヤする場所も考えもの。

リビングの隅で、目が行き届きやすく、それでいて視線が集まりすぎない場所なら子犬も落ち着いて過ごせます。

スポンサーリンク

イタズラや険防止のために

初めて子犬を飼う時は、 これまで普通に物を置いていたなんて感覚から一変します。
子犬の行動は予測できないので、人にとっては不都合になるようなケースが多くあります。

またちょっとしたものが子犬にとっては凶器になってしまう可能性があります。
飼い始める前に家の中を整理整頓しておき、危険なものや割れやすいもの、先の尖ったものなどは床や子犬が届くところに置いたりしないようにしましょう。

またゴミ箱などはいたずらをしてしまうので、いたずら防止にカバーなどをして近づかないようにしておきたいものです。

ちょっとした心遣いをしてあげるだけで子犬が過ごしやすい環境ができ上がりますよ。

犬のあくび6つの意味とサイン!あくびするトイプードルの理由
といぷ博士 といぷ博士ですぞ! 人は退屈だったり眠かったりするとあくびをしますが、犬はどんな...

最後に

子犬を迎える時には意外と大変なもの。

準備したり揃えておくべきものも多くありますし、飼い主側の心構えもしっかりと用意しておく必要があります。

新しい家族を迎える飼い主側も不安ですが、新しい家にやってくる子犬はもっと不安です。

生活環境を整えて新しい家族をしっかりと迎え入れてあげましょう。

といぷ博士
といぷ博士

また、子犬が来たその日から食事の世話やトイレのしつけなどがはじまりますぞ。
何も準備をしないで子犬を引き取ると意外と大変です。
精神面でもしっかりと受け入れる準備をしておくべきですぞ。

トップへ戻る