Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

トイプードルのヒート期(生理周期)は?妊娠・出産で気をつけること

トイプードルの習性
スポンサーリンク

女の子のヒート期間ってどのくらいあるの?

トイプードルであってももちろん発情期はあります。

この発情期、飼い主にとってはちょっと厄介なのものかもしれません。

もちろん子孫を残すために訪れるヒート期間と呼ばれるこの時期ですが、ちゃんと理解しておけば上手に対処できるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

生理周期と発情期について

メスのトイプードルの生理周期は発情期と同じで半年に一回程度です。

生理が発情前期に始まり、出血が10日ほどで終わるのが平均的な周期になります。

その後、発情期になり、オスを受け入れようとします。

10日前後で発情期を終えた後は、発情後期といい妊娠した場合はおよそ60日間の妊娠期間に入ります。

犬の場合、この一連の生理・発情期を称してヒート期間(生理期間)といいます。

ちなみに発情後期を終えた後には、無発情期に入ります。

発情期はいつから始まる?

メスのトイプードルが発情期になるのは生後8か月程度に成長してからになります。この時期からヒートが始まるので飼い主は犬の行動に注意が必要です。

生理前になると個体差がありますが食欲がなくなったり、落ち着きがなくなったり、トイレの回数が増えるので予め予測ができます。また、陰部をよく舐める行為を行うのもその特徴です。

加えて人にはわからない強烈なフェロモンを発するので、散歩は控えめにした方がいいでしょう。反応したオスが寄ってきてしまうので。

妊娠や出産を望むのか避妊をするのか、この時期までに決める必要があるので重要な内容です。

成長の度合いなどで時期が異なるので、獣医師に診察を受けておくと安心してこの時期を対応する事が可能になります。

ちなみにオスはメスの発情期に反応するので、決まった発情期というのは存在していません。場合によっては、周囲2キロも離れたメスのフェロモンを感じ取るそうです。

妊娠・出産で気を付けること

初めてメスのトイプードルを飼う方は妊娠や出産などで注意が必要です。

上記のようにトイプードルは年に一回もしくは二回の発情期があり、この時期に妊娠をします。出血してから12日から14日くらいが妊娠に一番適している時期です。

メスのトイプードルの出産は妊娠してから62日から63日後が、平均的な予定日になります。

出産が近くなると本来持っている穴を掘って準備をするようなしぐさをするのが特徴です。

このしぐさを見たらいつでも出産が出来るように用意をしてあげましょう。

最後に

妊娠を望まない場合はなるべく、他の犬と接触を発情や生理の時期は避けるようにします。

ストレスをためないように注意が必要であり、なるべく家で一緒に遊ぶようにして過ごすのが大事です。

ちなみに避妊手術をすると、手術方法にもよりますが全摘出ならこのヒート期はなくなりずっと無発情期になります。

トイプードルの習性
スポンサーリンク
といぷのおっちゃん

当ブログにお越しいただきましてありがとうございます。
トイプードルをこよなく愛するおっちゃんです。

トイプードルに関する疑問や、愛犬といぷ(本名はチョコです)のことについていろいろ語ってます。

といぷのおっちゃんをフォローする
といぷのおっちゃんをフォローする

トイプードルのドッグフード!!おすすめの選び方教えちゃいます!!

愛犬にピッタリなドッグフードの選び方を紹介します。食いつきがよく美味しく食べてくれる餌を選んであげましょう!!
愛犬のしつけに困ったらイヌバーシティがいいかもよ!!
愛犬のしつけに悩んだら、いま一番話題のしつけ教室はいかが? いつでもどこでもスマホで愛犬のしつけ方が学べちゃいます!
といぷのきもち
トップへ戻る