トイプードルの歯磨きっていつからすればいいの?歯磨きのコツってある?

トイプードル11 トイプードルの育て方
スポンサーリンク

ボクたちトイプードルはもちろん自分で歯磨きはできません…。

だから、飼い主さんにしっかりと磨いてもらわないと病気になっちゃうかも…

ボクたちの歯磨きを上手にしてもらうコツってどんなこと?

愛犬のトイプードル、気づくと口臭がひどいなんてことありませんか?

歯周病になっていたなんてことになっていると大変です。

子犬のうちから歯磨きの習慣をつけて健康な歯を目指しましょう。

スポンサーリンク

トイプードルの子犬の歯磨きはいつからするべきなの

人間と違って犬はほとんど虫歯になることはありません。しかし、3歳以上になると歯周病を患ってしまう危険があるので注意が必要です。

子犬のうちは歯磨きをすることに対して神経質になる必要はありませんが、歯周病にかかる確率が上がる成犬になった時のためにも小さいころから歯磨きの訓練はしておくべきでしょう。

早めに始めるに越したことはありません。

小さいうちから口の中も触ってあげることで口を触られることが苦手にならないようにすることが大切です。

無理して行ってしまうと、怖いという意識が芽生えて歯磨きをすることができなくなってしまう可能性があります。

練習を始める時期は、子犬を新しく家に迎えて家族と上手に接することができるようになってからで良いでしょう。

生まれてから3か月程度経過してから始めます。

「社会化ってなぁに?」社会化期にトイプードルに教えてあげること
ボクたちには、子犬の頃に社会化期という成長の過程があるんだって!! この時期に色んな経験をすることは大切なんだッ!! トイプードルを我が家に迎え入れる子犬の時期。実はこの時期とっても大切な時期で、...

トイプードルの子犬の歯磨き方法とコツと方法は?

飼い主と子犬が落ち着いていられる姿勢で行うことが大切です。

まずは口に触れてみることから挑戦してみます。

子犬が暴れてしまったり、怖がって飼い主の指を噛むことがないように、優しい声で話しかけたりして安心できる環境をつくります。

歯茎や唇などを触らせてくれたときは、おやつなどを与えたり褒めたりすると良いでしょう。

子犬が口を開いた状態を保つことができたら、ガーゼなどを用いてやさしく歯の表面をなでるようにしましょう。

安定しない場合は飼い主の胸などで固定するように行うとやりやすいです。

大人しく落ち着いた状態を維持できたら、

①まずは指の先に犬用の歯磨き粉を薄くつけて、口の中を軽く撫でてあげることから始めます。

②指の感覚になれてきたら、ガーゼを指にまくなどして、奥歯まで軽く磨けるように少しずつ鳴らしてあげます。

③指を口に入れることになれたら、次はいよいよ歯ブラシを使用して歯磨きを実施します。歯のエナメル質を傷めないように、歯ブラシを濡らしてからやることが大事です。一気に広範囲を歯磨きしようとしないで、少しずつその範囲を広げてあげましょう。

④どうしても指や歯ブラシを嫌がるのであれば、歯磨きガムを使うのも一つの手です。ここから始めて徐々に歯ブラシに切り替えていくように続けてみるとよいかもしれません。

歯磨きを行う頻度は?

理想は1日1回行うのが良いですが、なかなか難しい場合は3~5日に一度は行いたいところです。

歯垢が歯石に変わるサイクルが、このくらいの期間なので。

歯磨きをふれあいの時間にしちゃいましょう

 

毎日のブラッシングを嫌がらなくなるまでに時間が必要だったように、歯磨きもなれさせるまでには根気がいるもの。

そのまま放っておくと歯周病の原因になってしまいます。

少しづつ慣れてもらって、虫歯のない健康な歯になってもらいましょう。

歯磨きをしてあげるのも飼い主さんの責任ですよ!!

トイプードルの育て方
スポンサーリンク
といぷのおっちゃんをフォローする
【↓しつけに困ったらチェック↓】
といぷのおっちゃん

当ブログにお越しいただきましてありがとうございます。
トイプードルをこよなく愛するおっちゃんです。

トイプードルに関する疑問や、愛犬といぷ(本名はチョコです)のことについていろいろ語ってます。

といぷのおっちゃんをフォローする
といぷのきもち
トップへ戻る