トイプードルの毛並み・毛艶を良くするドッグフードの選び方

トイプードルの食事
といぷ博士
といぷ博士

といぷ博士ですぞ!
数あるドッグフードですが、このドッグフードで愛犬の毛並みもよくなるって知っていますかな?

可愛い愛犬が毎日食べるドッグフード。

ドッグフードは、元気に健康に過ごせるエネルギーであり、犬の身体をつくるものです。
内面だけではなく、皮膚や毛並みなどの外見にも大きな影響を与えます。

良質なドッグフードを与えることでトイプードルの毛並みや毛艶が良くなり、犬の気品さ、美しさが出てきます。

スポンサーリンク
愛犬のしつけに困ったら!
【我が家はこれでしつけを学びました!】
愛犬の問題行動を”あなたの手”で自ら解決できる!
日本で一番人気のしつけ教材!!

「Inuversity~いぬ大学~」

トイプードルの毛並み・毛艶を良くするドッグフードの条件

実際にトイプードルの毛並み・毛艶をよくするドッグフードはどんなものがあるのでしょうか。

良質な動物性タンパク質が入っている

毛並みや毛艶の美しさは、健康は皮膚から作られます。
健康な皮膚を作るには良質な動物性タンパク質が必要不可欠です。

具体的には、ドッグフードの原材料にビーフやチキンなどの肉がたくさん使われていることです。
犬の腸は非常に短いので、栄養を吸収する時間が必然的に短くなります。

なので、消化吸収しやすい動物性タンパク質がしっかり入ったドッグフードを与えることで、効率よく吸収し身体の健康へ繋がります。

グルテンフリーのフード

グルテンフリーとは、小麦粉を使用していないものを言います。

犬は本来肉食です。

さきほど述べたように、犬の腸は短いので、消化吸収できる時間が限られています。
小麦のような穀物は、消化吸収に非常に時間がかかり、十分に栄養を吸収できないまま排泄してしまうので、必要な栄養が確保できなくなります。

なのでグルテンフリーなドッグフードを選ぶのがオススメです。

無添加のフードを選ぶ

写真はブッチドッグフード

実は、ドッグフードには多くの添加物が含まれているものが多いです。

人間の食品のような厳しい規制がないからこそ、添加物がたくさん入った安価なドッグフードが多く出回っているのが現状です。

しかし、保存料や着色料、防カビ剤などの添加物は身体に良いものではありません。

毎日食べるものだからこそ、添加物が蓄積され健康状態に悪影響が出てしまうことがあります。
添加物の摂取により、皮膚がカサカサになって毛並みや毛艶が悪くなることもあります。

可能な限り、無添加のドッグフードを選んであげましょう。

必須脂肪酸のバランスの良いフード

必須脂肪酸は皮膚や被毛の健康維持に欠かせないものです。
必須脂肪酸が不足すると皮膚がカサカサになってフケが出たり、皮膚の炎症による痒みや抜け毛が見られます。

必須脂肪酸には、オメガ3オメガ6などの種類がありますが、犬の体内では作ることができないため、食事から摂取するしかないのです。

さらに、摂取するにはそのバランスが非常に大切になります。

オメガ3は、魚肉や魚から抽出されたオイルや、キャノーラ油やエゴマ油などに含まれていて、オメガ6は陸上動物に肉やコーン油、大豆油などに含まれています。

お互いがその成分を補い合う働きをするので摂取のバランスが崩れると皮膚の炎症を起こしてしまいます。バランス良く摂ることが大切です。

手作りご飯なら

また、ドッグフードではなく手作りご飯をメインにされている方なら、良質なお肉類を食べさせてみてはいかがでしょうか?

最近話題になっているのが「ペットさん定期便」という配送サービス。ペットさん定期便は、野生の鹿・猪を毎月安定してお届けする、愛犬・愛猫のための定期宅配サービスです。

全国の山間部で捕獲された野生の鹿・猪のお肉を新鮮なままペット用に冷凍パック(100g/250g/500g)を毎月の安定供給を実現しています。

お肉に関しては全てスタッフが実際に調理して試食し、人間でも美味しく食べられる品質である事を証明済で普通にスタッフの方々で食べてらっしゃるそうですよ!

愛犬・愛猫のために新鮮な野生の鹿・猪を毎月お届け!【ペットさん定期便】

トイプードルの毛並み・毛艶を良くするには日頃のケアも大事

毛並み・毛艶を良くするには、食事だけではなく毎日のケアが大切です。

まずは、毎日のブラッシングを欠かさずにしましょう。

ブラッシングには皮膚のマッサージ効果と毛玉の予防、抜け毛の除去などの効果があります。
しっかりとブラッシングをしないと毛玉になり、毛玉の中で細菌が繁殖し皮膚炎の原因になってしまいます。

また、定期的にシャンプーをしましょう。

皮膚や被毛には、目に見えない汚れがたくさんついています。
月に1〜2回程度シャンプーをしてあげましょう。

また、犬の皮膚は人間とは違いアルカリ性なので、人間と同じシャンプーを使うのは逆効果です。
必ず犬専用のシャンプーを使うようにしましょう。

まとめ

犬の毛並み・毛艶を良くするためには、毎日の良質な食事とケアが大切です。

毛並みや毛艶が、犬の健康状態のバロメーターとも言えます。

犬が健康的に過ごせるようにサポートしてあげるのは飼い主さんの大切な役目なのです。

といぷ博士
といぷ博士

良質なドッグフードも大事ですが、日頃のケアも欠かすことができないということですな!
トイプードルにおすすめのドッグフードは下記を確認してくだされ!

トップへ戻る