そのうれしょんいつまで?嬉しいのはわかるけど困るのよトイプードルちゃん!

トイプードルの習性
スポンサーリンク

飼い主さんが帰ってきた~!!
嬉しいなぁ~!!
いっぱい遊んで遊んで~!!
(じょ~~~ッ!)

トイプードルやチワワなどの小型犬に多いと言われているうれしょん。

犬を飼い始めたばかりだと、びっくりする行動かもしれませんが、これはトイレを失敗しているというのとはちょっと様子が違います。

嬉しさを爆発させたあまり、思わず膀胱が緩み出てしまうのが「うれしょん」だと言われています。

簡単に言うならば嬉しさのあまり「おもらし」をしてしまうという事ですね。

飼い主にとっては嬉しいような、悲しいような…

スポンサーリンク

うれしょんなぜ起こる?

うれしょんが起きてしまう理由には2つあります。

それは「興奮」と「服従」です。

興奮によるうれしょん

お留守番している間は犬といえど、やはり寂しいもの。

そんな寂しさ、ヒマを持て余しているところに、飼い主さんや家族が帰ってきたのが分かるとその嬉しさのあまり、飛びつくのと同時にうれしょんしてしまいます。

嬉しさのあまり、興奮状態が抑えられず思わずでちゃうってやつです。

また、飼い主さんに限らず久しぶりに会えた親しい人などにも、うれしさのあまりうれしょんしてしまうこともあります。

マウンティングで喜びを表すのにも似ているところはあります。

服従によるうれしょん

犬は本来、「服従の意味でおもらしをする」という習性をもっています。

「あなたのいうことならちゃんと聞きますよ」といった意味をおもらしで表現するというわけです。

これと似たような行動といえば、「へそ天」があげれます。

つまり会話するという行為のできない犬は、いろいろなジェスチャーであったりしぐさで、自分自身の思いを表現しているということです。

その中の一つの表現行動がうれしょんでもあるということですね。

うれしょんは解消できるの?いつまで続くの?

このうれしょんをしてしまうのは、子犬の頃が多く感情が抑えられなかったり、興奮しやすい状態であるとでてしまうことがよくあります。

これは、膀胱括約筋というオシッコをコントロールするための筋肉が未発達であるためとも言われています。

また、トイプードルのような小型犬は「子供のまま成長している」ので、うれしょんしやすく長めに続く傾向はあるようです。

これは厳密にいつまでというものでもなく、自然となくなっていたという方が多いようです。もちろん個体差もあり、興奮しやすい子依存心の高い子精神不安定だったり気弱な性格の子にはどうしても多くなりがちなようです。

基本的には、自然となくなるうれしょんですが、そうそう、うれしょんばかりされていたら困ることの方が多いので、やめさせる方法としては、

・興奮させないようにする
・気持ちが落ち着くまで相手にしない
・無視をする

などがあげられますが、興奮させないというのはなかなか難しいですよね。

例えば、帰宅時にうれしょんするなら帰宅後すぐに愛犬の相手をするのではなく、「愛犬の様子をみて落ち着いたら相手するようにする」といった行動をとる、お散歩に行く前にはしっかりオシッコを済ませておくなどの対応をするべきでしょう。

また、うれしょんをしたとしても驚いたり叱ったりはNG行為です。

驚いたりまた叱ってしまうと、「反応してくれた」と勘違いし、うれしょんで気を引こうとしてしまいます。

うれしょんは愛情表現だと思って!

愛犬にとっては嬉しさや興奮によるもので、もちろん悪気のある行為ではありません。

ですが、うれしょんされた側としてはついつい怒ってしまいそうになりますが、ひと呼吸して「これは自分に対する愛情表現なのね」と理解してあげましょう。

あまりに叱りすぎて愛犬が何も愛情表現をしてくれなくなっても寂しいですからね!!

トイプードルの習性
スポンサーリンク
といぷのおっちゃんをフォローする
【↓しつけに困ったらチェック↓】
といぷのおっちゃん

当ブログにお越しいただきましてありがとうございます。
トイプードルをこよなく愛するおっちゃんです。

トイプードルに関する疑問や、愛犬といぷ(本名はチョコです)のことについていろいろ語ってます。

といぷのおっちゃんをフォローする
といぷのきもち
トップへ戻る