トイプードルちゃん腰をフリフリのマウンティング!恥ずかしいからもうやめて!

トイプードルの習性
スポンサーリンク

この間久しぶりにあったおばあちゃんに腰をフリフリしたら、パパさんに怒られちゃったよ。
ボクは遊んで欲しいだけなのに…

トイプードルを始め犬を飼っていると必ず一度は目撃したことがあるのがマウンティングと言われる行為じゃないでしょうか?

他の犬やぬいぐるみ、人の足につかまって腰をフリフリするあの行為をマウンティングといいます。

これ、自分の子が友人や知人に会ったとき、その相手に対して腰をフリフリしてするのを見て恥ずかしい思いをしたことがある人は多いはず。

この恥ずかしい思い、できればやめさせたいものですね。

ではトイプードルら犬がどうしてマウンティングをするのか?

その理由と対処法について見てみましょう。

スポンサーリンク

マウンティングをする3つの理由

トイプードルを始め犬がマウンティングするのは習性であり本能によるものです。

このマウンティングという行為をする原因は大きく分けて3つの理由が考えられます。

マウンティングはその姿からオスだけが行うと思いがちですが、メスも同様の行動を起こします。

発情期のマウンティング

発情期のメス犬のフェロモンに反応し、本能的に行ってしまうのが性的なマウンティングです。

また、この時期にはメスがホルモンバランスの不安定さからストレス発散のために、マウンティングを行うことがあります。

権威性を示すマウンティング

トイプードルに限らず犬は上下関係を重んじるという性質を持っています。

そのため、自分の方が相手よりも上だと思った時に相手に対してマウンティング行動を行います。

喜び爆発のマウンティング

飼い主や親しい人、お友達の犬と一緒に遊んで欲しいと思ったとき嬉しいときにもマウンティングをして喜びを体で表します。

大好きな人に久しぶりにあった時や、興奮しているときは本能的にマウンティングしてしまうことが多くなります。

ちなみに喜び爆発は同時にうれしょんしてしまうなんてことも…

そのうれしょんいつまで?嬉しいのはわかるけど困るのよトイプードルちゃん!
飼い主さんが帰ってきた~!! 嬉しいなぁ~!! いっぱい遊んで遊んで~!! (じょ~~~ッ!) トイプードルやチワワなどの小型犬に多いと言われているうれしょん。 犬を飼い始めたばかりだと、び...

マウンティングをやめさせる方法は…

家庭内でのマウンティング

自分の愛犬がマウンティングをしたら、まずは徹底的に無視することが大切です。

下手にかまっててしまうと、「これをすれば喜んでくれるんだ」と勘違いし余計にマウンティングを行いたくなるものです。

また、マウンティングを辞めさせるために、「おやつでつる」といった事はしないようにしてください。
これも、「マウンティングをすればおやつをもらえるんだ」と勘違いしててしまい、ますますマウンティングを行ってしまいます。

気持ちを別にそらしているつもりが、逆効果にもなってしまうというわけですね。

そのため、マウンティングを辞めさせるには、ダメと言って離した後、しばらく無視することが一番です。

それでもダメなら、マウンティングした後そのままケージの中に入れまたしばらく放置しておきます。放置した後にも繰り返すようであれば、またケージに入れます。

これを何度か繰り返しているうちに、「マウンティングをするとゲージに閉じ込められちゃうのね」と認識してくれるようになります。

外でのマウンティング

散歩中や外で、他の犬にマウンティングをしてしまう場合は、リードをぐっと引っ張っていちど距離をおくと良いでしょう。

また、性的なマウンティングの場合は去勢や避妊手術をするとその性格が変わると言われていますが、必ずしも性格が変わるとは限りませんので、しっかりとしたしつけはやっぱり必要になります。

性的な場合は、いろいろと問題がでてくるので、すぐに相手の犬から引き離しましょう。

我が家のといぷのマウンティング

 

ここでひとつ、我が家のといぷですが、5歳になるのに未だに完全にマウンティングが治っていません。

といぷがマウンティングをする相手は、ほぼ決まっており、仲のいいお友達家族と、離れて暮らす母のみです。

家族にすることはほとんどありません。これは家族間での主従関係ができているからだと思います(多分)。

しかし友人や母にマウンティングをしてしまうのは、久しぶりに会った喜びが大きいのではないかと思います。

「久しぶりに会えて嬉しいなぁ」「遊んで遊んで」といった意味合いでマウンティングをしてしまうのですが、この際何度も離されてケージに入れられるなどを繰り返します。

この時はしばらくすると学習するのですが、もともと家族にマウンティングを行うわけではありませんので、久しぶりに会った時は、忘れてしまうのか本能なのかまたマウンティングをするといったことを繰り返してしまうようです。

家族に行うのであれば、その場で繰り返ししつけができますが、久しぶりに会う相手に対してのみ行うというのはちょっとやっかいですね。

なかなか根気のいるしつけですが、やはりあまり気持ちのいいものではありませんので、しっかりと治していきたいと思っています。

マウンティングまとめ

我が家の愛犬の恥ずかしいところを紹介してしまいました…

でも、少しでも参考になればと思い紹介させていただきました。

犬が本能で行うことに対してしつけをするというのは、なかなか根気が入り大変な作業なのですが、人と一緒に生活をするという事は社会性を持たなければいけませんから、やはりしっかりとしつけをしなければいけないと思います。

しっかりとしつけてマウンティングしないワンチャンになってもらいましょう。

我が家もちゃんとしつけます!

トイプードルの習性
スポンサーリンク
といぷのおっちゃんをフォローする
【↓しつけに困ったらチェック↓】
といぷのおっちゃん

当ブログにお越しいただきましてありがとうございます。
トイプードルをこよなく愛するおっちゃんです。

トイプードルに関する疑問や、愛犬といぷ(本名はチョコです)のことについていろいろ語ってます。

といぷのおっちゃんをフォローする
といぷのきもち
トップへ戻る