トイプードルのお尻歩きズリズリかわいいけれど病気のサインかもよ

トイプードルの習性
ちょこすけ
ちょこすけ

お尻ズリズリして歩くのは、ボクの芸風!!

…じゃなくて、お尻に問題があるからなんだ!

愛犬のトイプードルが、お尻をズリズリして歩くお尻歩きってみたことありませんか?

いきなりの奇妙な動きで、可愛らしく思えてしまうのですが、頻繁に繰り返すようだとちょっと危ないかもしれません。

もしかしたら、それ病気のサインを送っているのかもしれませんよ。

スポンサーリンク

お尻歩きかゆいだけ?

お尻を床に擦り付けながら前足で動くのは肛門の周辺がムズムズしているからかもしれません。
肛門の周辺に炎症ができていると、 むず痒いのでお尻を引きずることがあります。

また便秘でウンチがうまく切れておらず、ぶら下がったままなんてことも。

腰こりお尻が痒いのかもしれませんが、こすりすぎてしまうと肛門周辺に炎症が起きてしまいます。肛門周辺をよく確認してあげ、湿疹や傷、腫れといったものがないかをチェックしてあげましょう。

肛門嚢が溜まっているかも

犬のお尻には肛門のすぐ近くに臭いを分泌するための肛門嚢という袋があります。

炎症を起こしたり分泌液が溜まりすぎていると、破裂することがあるので定期的に絞ってあげなければいけません。

特にトイプードルのような小型犬は自分では、この肛門嚢を絞り出せないので最低月に1回程度は肛門腺絞りということを行ってあげる必要があります。

ただ、肛門絞りを行ってもお尻歩きを続けているようだと、内部に異常をきたしている可能性があります。

そのためお尻歩きをしているからといって、やたらと肛門絞りをするのも問題です。絞りすぎても、今度はかえって病気の原因を作り出す可能性もあります。

あまりにもお尻歩きが続くようであれば、一度獣医に見せるべきでしょう。

かわいいけど見逃しちゃいいけない病気のサイン

見た目は可愛いお尻歩き。ですが、本人はお尻が痒かったり何らかの病気のサインを送っている可能性があります。

こういったお尻歩きのように、犬の健康状態を知るためには、毎日しっかり様子を観察してあげることが大切です。

特に排泄物の様子は健康状態をする大きなポイントとも言えます。

何かいつもと様子が違うとか、見たことのない不思議な動きをしている、なんて時は必ず何らかの原因があるはずです。もちろん犬が自分から笑いを取るなんてことはありませんから…。

意外と見逃しがちな愛犬のサイン。

ちゃんとチェックしてあげて、分からないこと困ったことがあれば、必ずかかりつけの獣医さんに相談するべきでしょう。

といぷ博士
といぷ博士

自己判断だけで、決めつけてしまうのはよくありませんよ。

トイプードルの習性
といぷ博士

当ブログにお越しいただきましてありがとうございますです。

トイプードルをこよなく愛するといぷ博士でございますぞ。
トイプードルに関する疑問や、愛犬といぷの”ちょこすけ”のことについていろいろ語っておりますぞ。

といぷ博士をフォローする

動物病院・トリミングサロンの検索・予約サイト【EPARKペットライフ】

といぷ博士をフォローする
スポンサーリンク
【といぷ博士おすすめ!】トイプードルに人気のドッグフード
モグワン

これで間違いなし!「栄養バランス」「安全性」「食いつき」どれをとっても高品質。日本のワンちゃんのためにアレンジされたイギリス産の手作り食のようなプレミアムドッグフードですぞ。

ブッチ

トッピングにも最適なまるで生ハムのようなプレミアムドッグフード。食いつきの良さはまさにNo.1です。厳選されたニュージーランド産の原材料のみを使用した総合栄養食ですぞ。

カナガン

高タンパク低カロリーを実現し、食いつきの良さは折り紙付き!。原材料・栄養素・安全性で高いレベルを誇っている良質な肉類をメインにしたプレミアムドッグフードですぞ。

愛犬のしつけに困ったらイヌバーシティがいいかもよ!!
愛犬のしつけに悩んだら、いま一番話題のしつけ教室はいかが? いつでもどこでもスマホで愛犬のしつけ方が学べちゃいます!
といぷのきもち
トップへ戻る