トイプードルの価格の相場は?値段の違いはなぜ起きるの?

トイプードルの特徴

トイプードルは人気の高い犬種のため、他の犬種と比較しても価格が高めに設定されている傾向にあります。

人気犬種ゆえ比較的高めの価格設定がなされてしまうのは仕方がないかもしれませんね。

また、同じトイプードルでありながら価格差があったりします。こういった値段の違いはどうして生じるのでしょうか?

この記事ではトイプードルの価格相場に加えて、価格設定が異なる理由など、詳しく確認してみたいと思います。

といぷ博士
といぷ博士

トイプードルっていくらで買えるのか確認したい方には必見ですぞ!

スポンサーリンク

トイプードルの価格の平均相場はいくらくらい?

トイプードルをどこで購入するかによっても異なりますが、平均的な価格の相場としては15万〜30万円程と言えるでしょう。

これは、例えば同じく人気の小型犬であるチワワが10〜20万円程、ミニチュアダックスが10〜30万円程と言われているので、平均的な相場としてはやはり他の小型犬に比べてちょっとお高めになるようです。

ちなみに今人気が高くブームでもある豆柴は、もっと高く30万〜40万円程と高騰中です。

トイプードル15万~30万円程度
ミニチュアダックス10万〜30万円程度
チワワ10万〜20万円程度
ポメラニアン15万~30万円程度
フレンチブルドック15万~25万円程度
柴犬5万〜20万円程度

こういった値段の違いはどうして出てくるのかというと、メディアへの露出度などによるものが多かったりします。また、その犬種のブームが来ると一時的にでも通常相場価格よりも値上がりしやすい傾向にあります。

こういった中でも、トイプードルは比較的安定した相場価格のようです。つまり、この相場価格よりも極端な安値がつけられている個体があれば、疾患や病気の可能性などがあります。

値段が安い個体には安くなる理由があるということです。

スポンサーリンク

トイプードルの中でも値段の違いがでる理由は?

では続いて同じトイプードルでも価格差が出る理由についてみてみましょう。
一番わかりやすい値段の違いとしては、毛色によるものが挙げられます。

当然人気色の方が価格が高くのなるのは世の常でトイプードルも例外ではありません。

もともとトイプードルはスタンダードカラーはホワイト、ブラック、ブラウンの3種類です。これらを掛け合わせることで今のカラー展開があります。中でも人気が高いのはレッドアプリコットといったカラーです。

基本的にトイプードルに限らず犬には定価は存在していませんから、販売者が独自の基準で価格を決定します。

その基準の一列として挙げられるのが、

  • 毛色
  • 性別
  • 毛質
  • 年齢
  • 体つき
  • 血統
  • 健康
  • 販売経路

こういった形で値段が決まってきます。

毛色による値段の違い

トイプードルは現在14種類カラーが認定されていますが、中でも人気なが高いのはレッドやアプリコットで同じ月齢で同じ性別のホワイトやブラックを基準に考えると、レッドやアプリコットは3〜5万円程値段が上がりやすい傾向にあります。

ただあまりにもレッドやアプリコットが多いため、あえてブラックやホワイトを選択する方も増えているようです。

といぷ博士
といぷ博士

むしろ今ではブラックやホワイトの方が希少なイメージすらありますですぞ!

性別による値段の違い

同じ毛色であってもメスの方がオスよりも値段は上がりやすい傾向にあります。

これは種の保存の希少性と、メスの方が性格が穏やかで飼育しやすいといった理由があります。

毛質による値段の違い

そのモコモコな毛質により色々なスタイルを楽しめるトイプードルですから、当然同じ毛色であっても毛の状態がよく毛量が多い方が価格は高めになります。

月齢による値段の違い

トイプードルのような室内犬はできるだけ生まれてすぐの子を購入したいという方が多いです。そのため月齢が若い方が高めの価格になります。

見た目や体型による値段の違い

かわいい方が高い!

もちろん見た目がかわいいと思われる個体の方が値段は高くなります。
では現在、かわいいと言われている基準はというと、

  • 顔が小さい
  • 顔が整っている
  • マズルが小さい
  • 歯並びが整っている

などですね。

小型の方が高い!

小型であればあるほど、かわいいと思う方が多いのも事実です。そのためトイプードルの場合小さい個体の方が高めの価格設定になります。

特にティーカッププードルやタイニープードルと言われるサイズになると、一気に10万円レベルで価格が跳ね上がることがあります。

中には100万円レベルのものまで存在しています。

ただし小さくなればなるほど、体は脆弱になりがちですから、飼うにはそれなりの覚悟が必要と言えるでしょう。

血統による値段の違い

血統書の有無によってもその価格に差が現れてきます。

例えばドッグショーのチャンピオン犬が血統にいるとそれだけで値段が跳ね上がったりします。
馬なんかと同じですね。

健康による値段の違い

健康状態も販売価格に大きく関わってきます。
遺伝的疾患を持っている個体は価格が安くなります。

疾患や病名の表記は義務付けられてはいませんが、疾患の表記をすると売れ残りやすくなるため、中には表記せず健康的な子といって販売するお店もありますので注意は必要になります。

販売経路による値段の違い

ペットショップで購入するのとブリーダーから直接購入するのでも、かなり大きな価格差があります。

ペットショップのほとんどは、ブリーダーから直接購入していることがほぼですから、仲介手数料が含まれている価格になります。

また、優良ブリーダーではしっかりとした個体を育てているため、それなりに価格が上がるといった場合もあります。

スポンサーリンク

こんなトイプードルは価格が安くなります

意外と価格相場が高めになりがちなトイプードルですが、相場よりも安くなることがあります。

・疾患を持っている…前述しましたが先天的に疾患を持っていると、安めに個体を提供し医療費の負担を飼い主側に委ねるため価格は安くなります。

・アンダーショット・オーバーショット…歯の噛み合わせのことをこのようにいい、歯の噛み合わせが悪いと価格は安くなります。
ただし、この場合健康には問題ありません。

・ミスカラー…通常単色である個体にかけ合わせによって生じる複数カラーの毛色になっている個体。
個人的にはかわいいと思うのですが、評価的には下がり値段は安くなります。
ただし、この場合健康には問題ありません。→ミスカラーのトイプードルが生まれる原因は?病気になりやすいってホント?

・生後4カ月を過ぎている…販売店にもよりますが、生後これくらいの時期を過ぎるとぐっと価格が下がります。
社会化期のしつけが不十分なまま育っているので、しつけがそれなりに大変になってきます。

このような個体の場合は販売価格がかなり安くなることがあります。

結局売れ残ってしまうと、最終的には殺処分という悲しい結末になってしまうのはとても悲しむべきことですが…

意外とかかるトイプードルの維持費

ここまで見てきたように、トイプードルを購入するといってもその価格には大きな開きがあります。
それに加えて、初期費用や年間かかる維持費も意外とかかります。

初期費用で10万円以上、年間で最低でも15万円以上程度の維持費はかかると思った方がいいでしょう。

詳しくはこちらを確認してください⇒トイプードルの初期費用と維持費は?生涯費用と月額いくら必要なの?

また子犬を迎え入れるまでに、ハウスやフード、食器、トイレは最低限準備してあげましょう。
またフードに関しては飼い始めはブリーダーさんやショップで使用したものと同じものを用意し、徐々に他のものに切り替えていくと良いでしょう。

切り替えの際、ドッグフード選びに迷われたらオールマイティで食いつきのよいモグワンを選んでおけば間違いないでしょう。(4カ月目以降推奨)

モグワンドッグフードを購入して試した口コミ!トイプードルには最適!?
通販で人気が高いモグワンドッグフードを愛犬のトイプードルにお試ししました。モグワンの感想を紹介するとともにリアルな口コミをたっぷり紹介しちゃいます。合わせて原材料や特徴、お得な購入方法などの詳細も全部ご紹介!!モグワンのこと全部分かります!!

最後に

トイプードルの価格の違いをまとめてみました。
ただし価格が高い個体だからといって優良な子であるとは限りません。

最終的には、その子を気にいるか、生涯に渡ってお世話できるか、こういったことを直感でも感じられた個体を選ぶ方が満足のいく結果が得られるかもしれません。

といぷ博士
といぷ博士

またトイプードルの里親になるという選択肢もありですぞ!

トップへ戻る