Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【犬も風邪をひきますか?】犬の風邪の症状と覚えておきたい対処法

トイプードルの病気・医療
といぷ博士
といぷ博士

といぷ博士ですぞ!
愛犬も風邪をひきますか?…そんなこと考えたことあるでしょうか?
じゃあ、その風邪って人の風邪とはどう違うのでしょうか?

犬も風邪をひくことがありますが、人間の風邪とは少し違います。

見た目は人間の風邪と同様な症状が現れたりしますが、犬特有の風邪があったりしてちょっと様子は違ってるんですね。

この記事ではトイプードルを始め犬が風邪を引く原因や症状をまとめてみることにしました。

ちょこすけ
ちょこすけ

ボクも風邪ひいて寝込んだら、お見舞いにメロン誰かくれるかなぁ?

スポンサーリンク

犬の風邪ってどんな症状なの?

犬も風邪をひきますが、「風邪」というのは正式な病名ではなく、正確には細菌やウイルスの感染によって現れる症状の総称のことです。

では、犬が風邪をひくとどんな症状が出るでしょうか。

代表的は症状としては咳、くしゃみ、涙目、発熱です。
これらの症状がある時には風邪をひいているかもしれません。

犬の体温は平均で38.5度くらいと人間よりも高めです。
個体差はありますが、大型犬では平均より低めの37.5度〜38.5度、小型犬は高めで38.5度〜39.2度くらいが平均と言われています。

39.2度以上あれば、発熱とみて良いでしょう。

「風邪かな?」と思ったら、熱をはかってみてください。
犬の風邪の場合、熱が単体で症状として出ることは少なく、熱と一緒に咳やくしゃみ、涙目を発症する事が多いんです。

犬が風邪をひく原因は?

では、犬が風邪をひいてしまうのはなぜか。

犬の風邪の原因はウイルスや細菌によって引き起こされる事がほとんどで、成犬よりも子犬や老犬の方が風邪をひきやすいです。

また、ストレスや疲れで免疫が落ちている時にはウイルスなどに感染しやすくなります。

犬の風邪で代表的なのが「ケンネルコフ」と呼ばれる犬伝染性気管支炎です。

咳やくしゃみ、発熱が主な症状ですが、免疫力の弱い子犬や老犬などは特に感染しやすく重篤な症状になることもあります。

愛犬のくしゃみの原因と止め方|くしゃみ連発で止まらないのは病気?
といぷ博士 といぷ博士ですぞ! 我が愛犬はあまりくしゃみはしないのですが、お宅のワンちゃんはどうでしょう? 普段、あまりくしゃみをしない愛犬が突然くしゃみをすると、びっくりするのと同時にちょっと癒さ...

そして人間と同じように、冬場は低温で乾燥しているため、ウイルスが活発になり風邪をひきやすくなります。

犬の風邪は人の風邪とどう違う?

人間の風邪と犬の風邪は、咳や発熱など、症状は似ていても別物です。

そもそもの原因となるウイルスが全く違うのです。

なので、犬には犬の風邪、人間には人間の風邪があるのです。

犬の風邪は人にうつるの?

先程述べたように、犬の風邪と人間の風邪は原因となるウイルスや菌が違うため、犬から人間に風邪がうつることは基本的にはありません。

逆を言えば、人間の風邪やインフルエンザを愛犬にうつしてしまうこともまずないと思っていいでしょう。

しかし、新種のウイルスが突然変異し犬から人間、または人間から犬へ感染することが、今後起こらないとは言いきれませんが…。

犬の風邪、どうやって対処する?

もし愛犬が、「いつもと様子が違うな」と感じたら、まずはいつから様子がおかしいか、どのような症状が出ているか観察しましょう。

少し咳をしている、いつもより食欲がないといった場合には、少し自宅で様子を見ながら安静にしましょう。
その後、普段通りに元気に過ごせるようになれば、心配はいらないです。

しかし、食欲不振が数日続いたり、あきらかにぐったりしている、鼻水がずっと止まらないという場合にはかかりつけの動物病院に連れて行きましょう。

また、深刻な風邪の場合、嘔吐や下痢をすることもあるので、そんな時にはすぐに病院へ連れて行ってください。

「これって風邪?」と勘違いしやすいのは?

中には風邪と勘違いしやすいが、実は風邪ではなく、別の病気が原因ということもあります。

咳が続くようなら、風邪でではなくフィラリア症器官虚脱の可能性もあります。

フィラリア症は蚊を媒介して感染する病気のですが、蚊が出る時期には予防薬を投与することで、発症を防ぐことができます。

器官虚脱は、器官が狭くなることが原因で咳が出る病気です。
投薬または、場合によっては手術が必要なので、咳が続くようなら早めに病院に連れて行きましょう。

くしゃみや鼻水が続く場合は、歯周病や鼻の腫瘍の可能性もあります。

歯周病は犬にとっては、とても怖い病気で、時には命に関わることもあります。

鼻血を伴った鼻水が出る場合は鼻の腫瘍の可能性が高いので、すぐに受診しましょう。

まとめ

犬は、人間のように話すことが出来ないので、普段から飼い主さんが犬の様子をよく見て、いつもと違うと感じたら早めに対応することが大切です。

可愛い愛犬が辛い思いをするのは、飼い主もつらいですよね。

風邪にかからないのが第一ですが、もしも風邪をひいてしまった時には、しっかりと対応できるようにしましょう。

といぷ博士
といぷ博士

人も犬もできれば風邪をひきたくはないものですな…
あッ、でも風邪をひくと周りがやさしくなったりするからタマにはありなのかも…(*_*)

トップへ戻る